名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> >

 

サンジ 名言

ワンピース名言画像:『STRONG WORDS(上巻)

知性

サンジとは

麦わらの一味。『黒足のサンジ』。

ONE PIECE.comキャラクターリスト⇒『サンジ』。

 

 

 

スポンサーリンク

 

サンジの言葉

 

『オーナーゼフ!!…長い間!!くそお世話になりました!!』

 

人間には感情がある。喜怒哀楽があり、実に幾多の表情を見せるものである。また人間は、他の動物や生命とは違って、『自分の生きている意味』を考える。『薔薇は何故という理由もなく咲いている。薔薇はただ咲くべく咲いている。薔薇は自分自身を気にしない。ひとが見ているかどうかも気にしない。』 byシレジウス

>>続きを見る

 

『黙れ!"一騎討ち"だぞ!わからねぇのかお前には!』

 

『あいつは薄情な奴だ!』という感情がよぎったときは、本当にそうか、一度思慮深く考えた方がいい。もしかしたらその人は、そう思わせて損な役を買い、あるいは、 "粋"で、本当にあなたのことを想っている、勇気ある、本物の友人かもしれない。

>>続きを見る

 

『腹をすかせた奴にメシを食わせるまでは、コックとしての俺の正義』

 

人間には"一線"というものがある。その"一線"を見れば、その人間の器量や、本性がわかる。私は中学時代、毎日学校をさぼりながら、悪友たちと自由に時間を過ごす時間が、何より楽しかった。

>>続きを見る

 

『料理人は手が命、戦闘で傷つけるわけにゃいかねぇんだ』

 

他人に対し、『彼(彼女)はああいう行動を取るなんて、全く愚かだ』という感情がよぎったときは、自分の無知を思い知るべきだ。なぜ取るかって?理由もなくその行動を取るとでも思うのだろうか。

>>続きを見る

 

『不用意な優しさが、どれだけ"敗者"を苦しめるかを考えろ!』

 

人に"やさしく"しようとする時は、 "易しさ"ではなく、 "優しさ"を持ってのぞまなければならない。本来、人にやさしくできる人は、"優れて"いなければならない。安易にそれを捉えてしまえば、逆効果に陥ることもあるだろう。

>>続きを見る

 

『逃げる気もねぇし、殺される気もねぇし、許す気もねぇ…!』

 

あなたは目の前に、明らかな困難が立ちふさがった時、『どうせ散りゆく運命だ』と、無力で儚い自分から目をそらし、逃げる?"力"に屈し、この人生の主導権をその困難に、委ねる?理不尽な"力"を目の当たりにして、"触らぬ神に祟りなし"とそれを、許す?それとも…

>>続きを見る

 

『この店は そのジジイの宝だ!!!』

 

あまりにも人間関係に深い絆があると、傍から見たときに、よく誤解が生まれる。なぜなら、『他人にどう思われるかなど、強い絆の人間関係の中には全く関係ない』からである。

>>続きを見る

 

『恋の奴隷なんだおれは!!』

 

私はある事実を知ってから、ある条件を満たした女性の事を、ある種の余計な心配をして見てしまうようになった。それは、『恋愛』と、『チョコレート』と、『お酒』にどっぷり浸かってしまってしまいがちな女性のことである。

>>続きを見る

 

『ヤボなマネするな!!あいつは恩を売りたくて命はったわけじゃねぇ!!!』

 

『武勇伝を語る人』と、『粋な人』とでは、どちらが"得"だろうか。武勇伝を語った方が、より多くの人に自分の雄姿を見せびらかせて、男からは一目置かれ、女からはちやほやされる。

>>続きを見る

 

『…タバコの火ィ……!!!欲しかった……トコだ……!!!』

 

男は皆、男を追及すると、 "漢(おとこ)"になるべきだという結論に達する。"漢"とは、 生物学上の雄個体であるというような意味よりは寧ろ、勇猛さ、大胆さ、潔さ、堅い信念など、古来より男たるものが持つべきとされている美徳を備えている男前に対してられる称号である。

>>続きを見る

 

『人は "心"だろうが!!!!』

 

人は、精神年齢を高めれば高めるほど、人を、極めれば極めるほど、表層的なことに振り回されなくなる。私自身は、幼少期に『見栄』に支配された父親に理不尽な目にあわされ、謝罪されないまま闇に葬られたこともあって、『見栄』を張る人間が大嫌いで、自分自身も嫌だったため、

>>続きを見る

 

『いいかウソップ!!おれは…ナミさんの為ならお前が死んでも構わない』

 

『トリアージ』とは、"選別"という意味である。これは、医療の世界では当たり前のように根付いている常識だ。下の図のように、大勢の患者を診なければならないときに、優先順位を決める指標が、『トリアージ』である。

>>続きを見る

 

『1にナミさん2にナミさん!!3にナミさん4にナミさん5にナミさんだ わかったか!!死んでも守れ!!』

 

風邪をひいたときや、体調を崩した時、よく人間関係の深さ、浅さを知ることがあった。いつも、私に元気を振りまいてもらう側の友人は、私が体調を崩しても、必要以上に気を使ってくれないばかりか、いつものようにお客様気分で私からのカンフル剤(もてなし)を期待する始末だ。

>>続きを見る

 

『…たとえ死んでも おれは女は蹴らん…!!』

 

私は中学生一年生頃までは、親に"制圧"されていた、あるいは、"支配"されていた、と言っても過言では無かった。私の親は確かに、愛に溢れていた。『育児』放棄など絶対にしない。しかし、『教育』という面では首をかしげざるを得ない。

>>続きを見る

 

『おれはレディー達とお友達になる為に生まれてきたんじゃねぇ!!』

 

つい最近、TVのCMで聞いた言葉が、頭に焼き付いて、離れない。『よく今度生まれ変わったらって言うけれど、私は、今度生まれ変わる予定はありません。最初で最後の、『生きている。』』

>>続きを見る

 

『食いてぇ奴には食わせてやる!! コックってのはそれでいいんじゃねぇのか!!』

 

人の人格(パラダイム)は、幼少期に"環境"に刷り込まれ、形成される。貧乏で金さえあればひもじい思いをしなかった、あるいは、救えた命があった。そう葛藤した子は、人生で金を追求し、礼儀正しく挨拶や時間を厳守する親の下で育てば、いついかなる時も子は、礼儀を重んじるようになり、自分達(子供)を置いて逃げ出した父親を恨めば、

>>続きを見る

 

『心の骨格は直せねぇよ…』

 

『内省』という言葉を聞きなれていない人は、厳重注意(イエローカード)が出ていると思った方がいい。武道でも、茶道でも、華道でも、運動でも、もちろん企業でも、出世する、あるいは歳を取る、つまり、上に行けば行くほど、自分の人格の自律は当然になってくる。

>>続きを見る

 

『"女のウソ"は 許すのが男だ』

 

女性というものは当然、男とは別の扱いをしなければならない。これは、男尊女卑の"差別"ということではなく、 "区別"ということである。元々、人間の男と女とでは、生きる目的や能力が違うのだ。脳の作りも同じではない。

>>続きを見る

 

『死を選ぶ!!!』

 

以前書いた通りだ。 サンジ『…たとえ死んでも おれは女は蹴らん…!!』 男は”力”を授かった。 その”力”を暴れさせているようでは、男とは言えない。 つまり『暴力』をふるう人間は男ではないのだ。 ”力”一つ支配できないで、男を語ることは出来ない。

>>続きを見る

 

『女の…涙の落ちる音がした』

 

『蟹工船』の小林多喜二はこう言っている。『困難な情勢になって初めて、 誰が本当の敵か、 誰が見方顔をしていたか、 そして誰が本当の味方だったかわかるものだ。』

>>続きを見る

 

『ド肝を抜かれたァ!?…そりゃ手間が省けた フグ料理は肝抜きに気を遣う』

 

度肝を抜かれた人は、 そもそもなぜ『度肝を抜かれたと思った』のか。『抜かれない』と思っていたのだ。 自分は、そう簡単に抜かれる人間ではないと思っていた。 思い上がっていて、過信していたのだ。

>>続きを見る

 

『夢叶わず生き長らえるより…人魚達をエロい目で見て死にたい』

 

人は皆、安全な道を通りたがるものである。それは、原始時代、猛獣や病気、大自然の猛威から自己を守るための、自己防衛本能による影響が大きい場合がほとんどだ。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

同じ麦わらの一味

  • ウソップ
  • ゾロ
  • チョッパー
  • ナミ
  • フランキー
  • ブルック
  • ルフィ
  • ロビン
  •  

    師匠

  • ゼフ
  •  

    旅の友

  • ゴーイング・メリー号
  • ビビ
  • ↑ページの上部へ

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    最新記事をチェック

    『人類の永久保存版』の名に恥じない、『8,000の名言を通して捻出された38の黄金律』の最新情報をチェック!

     

     

    シェア

     

    広告

     

    ↑ PAGE TOP