名言を自分のものにする

広告

 

> > >  >

 

岡本太郎 名言/格言(3ページ目)

 

 

『人生を真に貫こうとすれば、必ず、条件に挑まなければならない。いのちを賭けて運命と対決するのだ。そのとき、切実にぶつかるのは己自身だ。己が最大の味方であり、また敵なのだ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

我々70億人が与えられている環境、条件には差異がある。山の中で虫を好んで食べる人間もいれば、宮殿の中で朝から数万円のスープを飲む人もいる。慎重が低いと嘆く人もいれば、高すぎて窮屈な思いをする人もいる。

>>続きを見る

 

『自分を大事にしようとするから、逆に生きがいを失ってしまうのだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

私の部下にも、その勘違いの代表とも言える『THE・自分本位』の人間がいる。6年以上の時間をかけて、私の圧倒的な強度の指導の下、もちろん多少の進歩はあるが、だがまだまだ骨の髄にまで染みついた彼の甘さと被害者意識は、根強い踏ん張りを見せている。

>>続きを見る

 

『情熱というものは、「何を」なんて条件付きで出てくるもんじゃない、無条件なんだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

何をすればよいのか、それがわからない、と思うかもしれない。人に相談したって仕様がない。まず、どんなことでもいいからちょっとでも情熱を感じること、惹かれそうなことを無条件にやってみるしかない。

>>続きを見る

 

『過去にこだわったり、未来で誤魔化すなんて根性では、現在を本当に生きることはできない。』

 

カテゴリー:時間/運命

過去にこだわったり、未来で誤魔化すなんて根性では、現在を本当に生きることはできない。ところが、とかく「いずれそうします」とか「昔はこうだった」と人は言う。そして現在の生き方を誤魔化している。

>>続きを見る

 

『ただ僕はありのままの自分を貫くしかないと覚悟を決めている。それは己自身をこそ最大の敵として、容赦なく闘い続けることなんだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

『よく「どうしてそんなに自信があるんですか」とか、「自信に満ちていてうらやましい」と言われる。だが、僕は自信があるとは思っていない。 自信なんてものは、どうでもいいじゃないか。そんなもので行動したら、ロクなことはないと思う。

>>続きを見る

 

『ひたすらそれを貫いてみる。はたから見れば、あの人はなんという意志の強い人なんだろうということになるんだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

『意志を強くする方法なんてありはしない。そんな余計なことを考えるより、本当にいまやりたいことに、全身全霊をぶつけて集中することだ。ひたすらそれを貫いてみる。はたから見れば、あの人はなんという意志の強い人なんだろうということになるんだ。』

>>続きを見る

 

『本当の人間は、みんな透明な目をもった猛烈なシロウトなのである。自分の専門に対しても。』

 

カテゴリー:自己/精神

『透明な目』であって、『肥えた目』ではない。その後に続く『猛烈なシロウト』という言葉を考えても、この言葉は、まず初期設定として、『人間を装っている人間』がいて、

>>続きを見る

 

『自分の価値観を持って生きるってことは嫌われても当たり前なんだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

そりゃあそうだろう。自分の信念、価値観というものを『本当に』持っているなら、それは過去、未来永劫のこの圧倒的な規模の中において、唯一無二なのである。

>>続きを見る

 

『親の顔色をうかがっていいなりになるとしようか。が、それが君自身の人生なんだろうか?そうじゃないだろう。』

 

カテゴリー:自己/精神

『親の顔色をうかがっていいなりになるとしようか。が、それが君自身の人生なんだろうか?そうじゃないだろう。親の人生をなぞるだけになってしまう。そんな人生に責任が持てるかい?』

>>続きを見る

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

シェア

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP