名言を自分のものにする

広告

 

> > >  >

 

ニーチェ 名言/格言(14ページ目)

 

 

『いったん選んだ道に関して頑張る人は多い。目標に関してそうする人は少ない。』

 

カテゴリー:自己/精神

いったん選んだ道というのは、簡単に考えて、(今日はこっちの道で帰宅しよう)としたときのことでもある。

>>続きを見る

 

『われわれに関する他人の悪評は、しばしば本当は我々に当てられているのではなく、まったく別の理由から出る腹立ちや不機嫌の表明なのである。』

 

カテゴリー:自己/精神

例えば劣等感だ。自分と他人とを比べて劣等感を覚えるというとき、その苛立ちを、その比べた相手にぶつける。そこにあるのは一見すると単なる嫉妬であり、その人物に対する悪意だが、

>>続きを見る

 

『人は常に前へだけは進めない。引き潮あり、差し潮がある。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

福沢諭吉はこう言い、『事を行うには、時機の善し悪しがあります。チャンスに恵まれなければ、どんなに有能な人でもその力を発揮することはできません。』

>>続きを見る

 

『人は自分の認識を他人に伝えると、もはやその認識を前ほどには愛さなくなる。』

 

カテゴリー:自己/精神

『汚されないから』だろうか。純粋でいられるからか。その認識が自分だけのものだったときはいいが、人に話して、その反応も見たとき、その実態が浮き彫りになり、

>>続きを見る

 

『孤独な者よ、君は創造者の道を行く。』

 

カテゴリー:自己/精神

『創造』というのは、『無から有を生む』ということだ。だとしたら、『無』の状態をまず見つけなければ、創造など出来るわけがない。

>>続きを見る

 

『若者を確実に堕落させる方法がある。違う思想を持つ者よりも同じ思想を持つ者を尊重するように指導することである。』

 

カテゴリー:教育/愛情

そうすると、排他的になって同じような領域でしか生きることが出来ず、視野も生きる世界も狭くなり、結果的に『開拓できるはずだった未開拓領域の範囲が広いままになる』という現象が起きる。

>>続きを見る

 

『死後に生まれる人もいる。』

 

カテゴリー:人生/生死

いや、死んだら終わりだ。死後には何も残らない。だが例えば、ゴッホ等のように、『死後にその価値を認められた人間』はいるわけで、そのような人々に対してそう発言することは、ある種つじつまは合うことになる。

>>続きを見る

 

『本当の世界は想像よりもはるかに小さい。』

 

カテゴリー:知性/知恵

この言葉を考えると、まるでニーチェが『世界の実態を知っている』という印象を受ける。そして、『君や我々が思っているよりも、世界はずっと小さいし、簡単なものなんだよ。』という解釈も出来なくもない。

>>続きを見る

 

『いつか空の飛び方を知りたいと思っている者は、 まず立ちあがり、歩き、走り、登り、踊ることを学ばなければならない。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『いつか空の飛び方を知りたいと思っている者は、まず立ちあがり、歩き、走り、登り、踊ることを学ばなければならない。その過程を飛ばして、飛ぶことはできないのだ。』

>>続きを見る

 

『天国には興味深い人たちが一人もいない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

この言葉はいろいろと問題がある。まず、『天国』など、ない。そしてニーチェは天国で有名なキリスト教が大嫌いだ。

>>続きを見る

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

シェア

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP