名言を自分のものにする

広告

 

>  >

 

木村拓哉 名言/格言

木村拓哉

 

木村拓哉とは

日本タレント。生誕1972年

 

 

スポンサーリンク

 

木村拓哉の言葉

 

『それはただ歪んだ鏡の前に立っただけじゃないの?』

 

カテゴリー:知性/知恵

彼の言葉を内省するつもりはなかったが、しかし間違いなくいいことを言った。それを正当に評価するべきである。

>>続きを見る

 

『100の使命を与えられたら、そのまま100やって返すんじゃなくて、120くらいにして返せば、20ぶんだけ相手に対する愛情になると思う。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

私は人に差し入れをすることがある。別に見返りなど最初から求めていないが、何もしない人、そのお礼に返してくれる人、それ以上に返してくれる人に分かれて、当然、後者の方が強く印象に残るわけである。

>>続きを見る

 

『結婚したら、指輪をするか?俺はしないんじゃないかな。べつに意味ないと思うから。結婚指輪って、不安な人がしてるんじゃないの?』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

結婚指輪とか、『愛してる』とか、そういう表層的なものにすがらないと繋ぎとめられない絆なら、そこに本当に絆があるのかどうか、疑わしい。

>>続きを見る

 

『恋人に「好き」とか「愛してる」って言葉は言わないね。そういう気持ちがあったうえで、何か違うこと言ってると思う。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

例えば黙って、抱きしめるとか。そういう意思表示だって出来るわけだから、別にそれを言う必要はないわけだ。しかし、女はそれを言ってもらいたい。

>>続きを見る

 

『アイドルっていうものに対して、常に逆向いていたいっていう気持ちが強かった。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

この100年の時間の中で人々が忘れてはならないのは、間違いなくあった『戦争』、そして『バブル時代』、『東京タワーに憧れた人々』、『テレビを見に集まった人々』、

>>続きを見る

 

『俺たちは、SMAPっていう集合体でやったときのそこでしか生まれない力を知ってる。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『「SMAPとしてやっていくのも良いけど、一人でやってみようと思わないの?」 って聞かれることがある。そう言ってもらえるのはありがたいけど、その度に「この人は、 チームの強さを知らないんだろうな」と思う。

>>続きを見る

 

『手を抜くほうが、疲れる。』

 

カテゴリー:自己/精神

いや、普通に考えたら、手を抜いたほうが楽だ。しかし、もしこの『疲れる』という意味が、そういう『楽をしたときに得られる刹那的な快楽の代償』のことなのであれば、その通りだ。『楽』と『楽しい』は違うのである。

>>続きを見る

 

『テストの点数よりも、その横にある自分の名前を大切に出来たら素敵だと思います。』

 

カテゴリー:人生/生死

正直な感想を言うと、彼は別に『人格者』ではないという印象を受ける。だが、言っていることだけを断片的に見ると、的を射ていることを言うことがよくある。

>>続きを見る

 

『オヤジにボコボコなぐられて育ちましたからね。ああいうふうにされなかったら、こういう人格にはならなかったと思う。』

 

カテゴリー:自己/精神

おかげでというか、ものすごい負けず嫌いなんです。たとえば、ちっちゃいころ、オヤジとキャッチボールするでしょう。すっげえボール投げるんですよ。

>>続きを見る

 

『相性って難しいと思うよ。結局それって鍵と鍵穴みたいなもんで、最近の鍵は、一応どの穴にでも入ることは入るんだよ。でも、ぴったりとくるのはただひとつだけ。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

『相性って難しいと思うよ。結局それって鍵と鍵穴みたいなもんで、最近の鍵は、一応どの穴にでも入ることは入るんだよ。でも、ぴったりとくるのはただひとつだけ。ぴったりこないと鍵は回らないし開かないよね。』

>>続きを見る

 

『俺の友達は優等生じゃなくて、優良生。まわりからは、「バカだ」とか「不良だ」と言われてるかもしれないけど、ひとつのことにメチャクチャ長けてる。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

ここで考えたいのは、それが『良い』のか『悪い』のかということだ。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP