名言を自分のものにする

広告

 

> > >  >

 

アインシュタイン 名言/格言(9ページ目)

 

 

『可愛い女の子と一時間一緒にいると、一分しか経っていないように思える。熱いストーブの上に一分座らせられたら、どんな一時間よりも長いはずだ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『可愛い女の子と一時間一緒にいると、一分しか経っていないように思える。熱いストーブの上に一分座らせられたら、どんな一時間よりも長いはずだ。相対性とはそれである。』

>>続きを見る

 

『男は結婚するとき、女が変わらないことを望む。女は結婚するとき、男が変わることを望む。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

『男は結婚するとき、女が変わらないことを望む。女は結婚するとき、男が変わることを望む。お互いに失望することは不可避だ。』この言葉を裏打ちする話がある。

>>続きを見る

 

『無限なものは二つあります。宇宙と人間の愚かさ。前者については断言できませんが。』

 

カテゴリー:自己/精神

しかしどちらにせよここからわかるのは、『心』と『宇宙』の甚大なスケールについてである。この二つが甚大な規模であるということは、一体何を意味しているのだろうか。

>>続きを見る

 

『科学はすばらしいものだ。もし生活の糧をそこから得る必要がないのなら。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『生活の糧』というのは、『お金』だ。つまり、科学を純粋に追求できるなら本当に素晴らしいのだが、そこにお金が介入するとなると、やはりそれに付随して人間の私利私欲というものが混入し、汚れてしまうわけである。

>>続きを見る

 

『私の学習を妨げた唯一のものは、私が受けた教育である。』

 

カテゴリー:教育/愛情

アインシュタインが、既存の要素をその形のまま強要されることを嫌がり、既存の要素を、自分の意のままに捉えて解釈したがった理由は、アインシュタインの想像力と創造性が、人と比べて、群を抜いていたからだ。

>>続きを見る

 

『真実とは、経験という試練に耐え得るもののことである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

真実を得るには、経験を積まなければならない。それは、試練だ。試練に耐えれば、そこにあるのは真実である。それは一体どういうことだろうか。

>>続きを見る

 

『すべての宗教、芸術、科学は、同じ一つの木の枝である。』

 

カテゴリー:宗教/信仰

この言葉を説明するとしたら、その『木の根っこ』にあるのは、あれしかない。『真理』だ。そして、『愛』であり、『神』だ。これら全て、日本語である。

>>続きを見る

 

『正規の教育を受けて好奇心を失わない子供がいたら、それは奇跡だ。』

 

カテゴリー:教育/愛情

これは読んでみてわかるように、皮肉である。正規の教育を受けさせたら、子供は好奇心を忘れてしまうと言っているのだ。従って、非正規の教育を受けさせなければならない。

>>続きを見る

 

『この世は危険なところだ。悪いことをする人がいるためではなく、それを見ながら、何もしない人がいるためだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

人間が、目の前で悪い事をしている。銃を乱射して、数人の命を既に奪ってしまったのだ。まだ銃はたくさん残っていて、相手の勢いは衰えていない。そんな中、『何もしない人』の心境は、どのようなものだろうか。

>>続きを見る

 

『ものごとはできるかぎりシンプルにすべきだ。しかし、シンプルすぎてもいけない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

この言葉はそのまんまだ。逆に、複雑すぎるリモコンがあったとして、それと比較した時、極めてシンプルにデザインされたリモコンの方が、分かりやすいし使いやすいだろう。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

シェア

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP