名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >  >

 

北野武『悲しいけど、目の前に死がチラついている時には、芸術や演芸なんてのはどうだっていいんだよ。』

北野武


日本芸人 北野武画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『よく『被災地にも笑いを』なんて言うヤツがいるけれど、今まさに苦しみの渦中にある人を笑いで励まそうなんてのは、戯言でしかない。しっかり飯が食えて、安らかに眠れる場所があって、人間は初めて心から笑えるんだ。悲しいけど、目の前に死がチラついている時には、芸術や演芸なんてのはどうだっていいんだよ。』

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサードリンク

     

    北野武の言葉を自分のものにする



    この言葉は、とても被災者本位になって考えられたものだ。多くの被災者はこれに共感し、感銘を受けるだろう。被災者の気持ちは、被災者にしかわからない。それなのに、『わからない人間』がよそからやってきて、自分達の信念だかビジネスだかを強要してくる。これは当人たちからすれば、煙たいものでしかない。

     

    イチローも、震災のときに、その復興を応援する形を取った野球界に対し、

    『勇気を与えるとか、感動を与えるとか、よく聞くフレーズですけど、無理なんです。それは、目的にしてはいけない。』

     

    と言って、自分たちと被災者たちとの間にある、決定的な考え方の違いを、主張した。彼らは間違いなく、人の気持ちが理解できる、思慮深い人間だということがわかる。

     

    ここで考えたいのは、『死と芸術』についてだ。『目の前に死がチラついている時には、芸術はどうだっていい』ということになるのであれば、兼ねてから芸術家たちが口を揃える、『死と芸術』に対する考え方はどうなる。全て『茶番』だということでいいだろうか。しかし、芸術家の中には、それを追及している中で、死んでしまう人間もいるわけだ。被災地で行う演芸で、喜ぶ人だっているだろう。だとすると、必ずしもそれらを行うことは無駄な事ではないわけだ。

     

    しかし、当時は私もとてもセンシティブになっていたのを思い出す。寄付をしていない金持ちがいたなら、(なぜ出さないんだ)とさえ思って、憤りさえ覚えた。とある芸人は、『こんな時ぐらい、テレビ局は全て団結して、それぞれが役割分担をして、効率的にやれ』と言って感情的になり、一時、大御所と芸能人と一触即発の気配もあった。『それはどうかと思うけどね。』しかし、彼らは東北の出身だったのだ。多くの知人が死んだ経験が、彼らの心を葛藤させ、熱くさせたのだ。

     

    人が死ぬということは、それだけ人間の人生に大きな影響を与えるものなのだ。私の父親も18歳の頃に死に、部下にも幼少期に事故で兄を亡くした人間がいるからよくわかるが、『芸術や園芸やスポーツはどうでもいい』というよりは、『死』ほど人間の心に強い影響を与えるものはない、ということなのである。

     

    死んでしまったら、それらも含めたこの世の一切の森羅万象や概念たちとは、無縁になってしまうかもしれないのだ。

     

    そういう時、人は思い出すのかもしれない。

    (そういえば、生きて、そして死んでいくだけだった。それが人生だった。)

     

    それを誤魔化す為なのか、あるいは精一杯満喫する為だったのか、人は、自分の責務や仕事を見つけて、人生に勤しんできた。

     

    しかし、人は必ず死ぬのだ。その決定的な真理を強く自覚した時、人間は、『人為的な一切のもの』ではなく、『この世にある絶対的な真理』に目を向けるのである。

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    BIG3と松本人志の実力がよくわかる記事

    黄金律

    BIG3やダウンタウンやとんねるずの実力がよくわかる記事があります。

    『流行という、透明なドラゴンのフレア。』

     

     

    スポンサーリンク

     

    著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

     

    『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

    『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『人間には心がある。心があるから人間なのだ。』

     

     

    黄金律

    『人間は一生過ちを犯し続ける。『人間』とは、それを認識している者に与えられた称号である。』

     

     

     

     

    北野武『悲しいけど、目の前に死がチラついている時には、芸術や演芸なんてのはどうだっていいんだよ。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    同じ人物の名言


    『オレの映画は人が死んで残酷だって言うんだけど、ダイ・ハードで飛行機落とすのはいいんだもんな。』

     

    『人生に幸せなんて求めること自体勘違いなんだよ。』

     

    『快感にはみんな暴力的なものが内在してんだよ。』

     

    『自分は漫才師になったので今がある。物理学の道に進んでいたら、もう既にノーベル賞を取っている。』

     

    『自分のために死んでくれる人間が何人いるよりも、そいつのためなら命をかけられるって友達が一人でもいる方が、人間としては幸せだと思う。』

     

    『テレビは日本人をかなりダメにしたと思うね。でも大衆をダメにするものしか、多分儲からないんだ。』

     

    『子供の教育で大切なのは、タガの嵌め方と外し方だ。』

     

    『成功の秘訣があるとすれば、どこへ行ってもトイレ掃除を実践していることぐらいでしょうか。』

     

    『昔から『運も実力のうち』なんて言葉があるとおり、おいらも所詮人間の成功なんて運があるかどうかに尽きると思ってる。』

     

    『成功の秘訣は、一番なりたいものじゃなくて、その人にとっては二番目か三番目の違う仕事に就くこと。』

     

    『努力ってのは宝くじみたいなものだよ。買っても当たるかどうかはわからないけど、買わなきゃ当たらない。』

     

    『あいつ裏切った、裏切ったって心の中に毒持って生きてくより、 相手にいいことしてやったっていう感覚でいるほうがいいんだ。』

     



    ↑ PAGE TOP