名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >  >

 

美輪明宏『子供が幼いときは親が世話をする。親が年老いたら子供が世話をする。役割の交代。それが人間の順番。』

美輪明宏


日本歌手 美輪明宏画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


まずはこの『原則』を淡々と理解することである。そしてその次に理解するべきなのは、これが『原則』であるということだ。

 

例えば、親が年老いる前に死んでしまったらどうする。あるいは、育児放棄し、蒸発してしまったのだ。その場合、この言葉通りに遂行することはできない。従って、これが『原則』であることが理解できるわけである。

 

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサードリンク

     

    美輪明宏の言葉を自分のものにする



    それから『世話』だが、その意味は『面倒を見ること。尽力すること』だ。では、『尽力』とはなんだろうか。食事を適当に摂らせ、ろくな教育もせず、ときには虐待する。これでも一応、養っていることになり、その一家の一員として面倒を見ていることになるわけだ。

     

    何しろ、他の人はその子供を養っていない。だとしたら養っている人がどこかにいるわけで、それはその様な親でも、それに当てはまるのだ。

     

    だが、『尽力』はしていないだろう。だとしたらそもそも『世話』とは、ほぼ『教育』に等しい。教育とは、『人に対して意図的な働きかけを行うことによって、その人を望ましい方向へ変化させること。』の意味だ。

     

    従って、私のように親に宗教を強要された人間からすれば、彼女らが高齢になった時、

    『お前は散々好き勝手してきて、イエス様がどうとか言ってきて、何最後に俺に助けを借りようとしてんだよ。自分でやれよ馬鹿が。』

     

    ということになっても、それは許されるだろうか。

     

    いや、許されないだろう。どんな人間でも、親はこの世にたった二人しかいない。その内一人はもう亡くなった。だから私は、人一倍この残されたもう一人の親に対して、どう接することが最善なのか、今からたくさん考えている。

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

     

    『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

    外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

     

    黄金律

    『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

     

     

    黄金律

    『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

     

     

    黄金律

    『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

     

    黄金律

    『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

     

    黄金律

    『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

     

     

     

     

    美輪明宏『子供が幼いときは親が世話をする。親が年老いたら子供が世話をする。役割の交代。それが人間の順番。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    同じ人物の名言


    『自分は誤解されやすいと思ったら、言葉が足りているかどうか反省してみる。思いが正確に伝わるように言葉を尽くしてますか?』

     

    『人の悪口を言えば自分も不愉快になる。嫌な人はどこにでもいます。見ざる聞かざる言わざるが楽。』

     

    『嫌な思いをすると、やり返したくなるもの。優しさで帳消しにすれば、自分が気持ちいい。』

     

    『言葉が足りないのは本を読まないから。美しい言葉に触れ素敵な表現を自分の中にストックする。意思の疎通は言葉ありき。』

     

    『人生はロマン。自分は不幸だと悩むのではなく、試練を与えられた物語の主人公だと思えば、人生をエンジョイできる。』

     

    『どんなトラブルが起きても微動だにしない。そんなレベルに達するまで人生の修行は続きます。弱音を吐かず覚悟を決めて。』

     

    『人生、いくら扉をたたいても開かないことがある。』

     

    『野に咲く花にも役目があります。この世に必要でない人はいません。それに気付くかどうか。それが大事なのです。』

     

    『おいしくて体に悪いものを食べて病気になるか、まずくても体に良いものを食べて健康でいるか。食べ物も人間関係も同じ。』

     

    『清き川に清き水は流れる。心が美しい人と付き合いたければ、まず自分の心を磨くこと。』

     



    ↑ PAGE TOP