名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

マキャベリ『たとえ人の生命を奪っても、財布に手をかけてはならぬ。人は父親の殺されたのは忘れても、財産の失われたことは忘れないからだ。』

マキャベリ


イタリア政治思想家 マキャベリ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


父親という存在は、別にいずれ死ぬのが決まっていたわけだ。しかし、財産という存在は、最初から失うことは決まっていない。そこにあるのは『運命』と『人為』である。人は『運命』や『自然』なら受け入れられる。 しかし『人為』となると、一気に話が変わってくる。

 

例えば、『騒音』の話だ。今、これを書いている時期は真夏であり、外ではセミが鳴いている。鳴いているセミは、全てオスだ。オスが求愛行動として、その命ある1か月の間に、命を懸けて鳴き続ける。

 

セミ

 

私はそれに、深く感動を覚える。命を懸けたもののドラマは、崇高かつ感慨深いのである。だから気にならない。しかし、上の階に住む人間の『人為的な騒音』は許すことが出来ない。彼らに対しては注意したのだ。3度も。しかし、音を立てるのを止めない。

 

いや、厳密に言うと、7時から23時までは、どんなに音を立てても構わない。あっちも生活をして、音が鳴るのは仕方がない。だが、3度注意を受けたにもかかわらず、むしろ23時から大きな音を立てることをやめようとしないことを続けられては、 私は、彼らの葬式にさえ出る気すら、失せてしまうのである。

 

戦や革命で命を落とすことが当たり前の時代なら、人が死ぬ背景には、その時代特有の運命的な事情があったと想定できるかもしれない。

 

だが、それが『人為』だったとしたならば、そこには『怨恨』がまとわりつく。その相手が同じ目に合うまで、『私怨』という名の呪いが解けることはない。

 

ただし、ここでマキャベリが言うのは『たとえ人の生命を奪っても』だ。そうするとやはりここには『人為的に』人間を殺すシーンが存在することになる。だとしたら同じように『遺恨』は残るだろう。

 

その代わり、人を殺して誰もいなくなった後に財布を奪うなら、誰からも恨まれることはない。

 

殺

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人間には心がある。心があるから人間なのだ。』

 

 

黄金律

『人間は一生過ちを犯し続ける。『人間』とは、それを認識している者に与えられた称号である。』

 

 

 

 

マキャベリ『たとえ人の生命を奪っても、財布に手をかけてはならぬ。人は父親の殺されたのは忘れても、財産の失われたことは忘れないからだ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『人を率いていくほどの者ならば、常に考慮しておくべきことのひとつは、人の恨みは悪行からだけでなく善行からも生まれるということである。』

 

『思慮に富む武将は、配下の将兵を、やむをえず戦わざるを得ない状態に追い込む。』

 

『民衆は、群れを成せば大胆な行為に出るが、個人となれば臆病である。』

 

『民衆というものは、善政に浴している限り、特に自由などを、望みもしなければ、求めもしないものである。』

 

『不正義はあっても秩序ある国家と、正義はあっても無秩序な国家のどちらかを選べといわれたら、私は前者を選ぶであろう。』

 

『謙譲の美徳を持ってすれば、相手の尊大さに勝てると信ずるものは、誤りを犯すはめに陥る。』

 

『好機というものは、すぐさま捕まえないと、逃げ去ってしまうものである。』

 

『衆に優れた人物は、運に恵まれようと見放されようと、常に態度を変えないものである。』

 

『相手を、どんなことにしろ、絶望に追い込むようなことは、思慮ある人のやることではない。』

 

『長期にわたって支配下に置かれ、その下で生きるのに慣れてしまった人民は、何かの偶然で転がり込んできた自由を手にしても、それを活用することができない。』

 

『中ぐらいの勝利で満足するものは、常に勝者であり続けるだろう。』

 



↑ PAGE TOP