名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

ゲーテ『気持ちよい生活を作ろうと思ったら、済んだことをくよくよせぬこと、めったに腹を立てぬこと、いつも現在を楽しむこと、とりわけ、人を憎まぬこと、未来を神にまかせること。』

ゲーテ


ドイツ詩人 ゲーテ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


とにかく『気持ちよい生活』=『ストレスのない生活』だということだ。だとしたら当然、済んだことをくよくよしている暇はないし、腹を立てている暇もないし、現在を楽しまなければあっという間に終わるし、人を憎んだりする時間もないし、未来が自分の思い通りにいくと思い込んでいたなら、それは傲慢不遜たる結果に終わり、失望を生むだけである。

 

 

黒澤明はこう言い、
『人を憎んでる暇なんてない。わしには、そんな暇はない。』

サミュエル・ジョンソンはこう言い、
『賢者はすぐに許す。時の価値を知っているから、むだな苦しみで時が流れていくのに、耐えられないのである。』

イギリスの小説家、シャーロット・ブロンテは言った。
『人生は短いから、私は憎しみや不正をいつまでも心に残してなんかいる暇がないような気がするの。』

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

7.『やるべきことがない人間だけが、悩み、憎むのだ。

悩み、憎しみに心を支配されるというのなら、そこにいるのは『暇人』だ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ゲーテ『気持ちよい生活を作ろうと思ったら、済んだことをくよくよせぬこと、めったに腹を立てぬこと、いつも現在を楽しむこと、とりわけ、人を憎まぬこと、未来を神にまかせること。』


スポンサーリンク

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『すべてを自分自身のおかげだと思うとしたら、それ以上進歩はできない。』

 

『バラの季節過ぎたる今にして初めて知る、バラのつぼみの何たるかを。』

 

『逸話集や格言集は社会人にとって最大の宝である。もし前者を適当な場所で会話の中に混ぜ、後者を適切な場合に想起するならば。』

 

『ある種の欠点は、個性の存在にとって必要である。』

 

『自由に呼吸するだけでは、生きているとは言えません。』

 

『知ることだけでは充分ではない、それを使わないといけない。やる気だけでは充分ではない、実行しないといけない。』

 

『急がずに、だが休まずに。』

 

『考える事は知ることよりおもしろい。しかし、見ることには及ばない。』

 

『我々はつねに、自らを変え、再生し、若返らせなければならない。さもなくば、凝り固まってしまう。』

 

『空はどこに行っても青いということを知るために、世界をまわって見る必要はない。』

 

『自由でないのに自由であると考えている人間ほど、奴隷になっている。』

 

『前進をしない人は、後退をしているのだ。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP