名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

サミュエル・ジョンソン 名言/格言

サミュエル・ジョンソン

 

サミュエル・ジョンソンとは(画像

イギリス詩人。生誕1709年通称『文壇の大御所』。

 

 

スポンサーリンク

 

サミュエル・ジョンソンの言葉

 

 

『怠け者だったら、友達を作れ。友達がなければ、怠けるな。』

 

カテゴリー:友情/仲間

私は、人に意見をされるのが大嫌いである。それは、自分の生い立ちが強く関係している。『信仰』を強要されたのだ。

>>続きを見る

 

『今から一年もたてば私の現在の悩みなどおよそ下らないものに見えることだろう。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

人は眠れば、情報が整理される。必要なものと、不要なものに分けられるのだ。生きるために必要なものだけが選ばれて、不要なものは排除される。

>>続きを見る

 

『思慮分別は人生を安全にするが、往々にして幸せにはしない。』

 

カテゴリー:成功/幸福

アメリカの小説家、ヘンリー・ミラーは言う。『安全な道を求める人は、痛みを与えることのない義手義足に取り替えるために、自分の手足を切り離す人の様なものである。』『安全』を求めた結果、手足が『義手義足』になった。もちろん、本当に義手義足を使っている人は例外だが、

>>続きを見る

 

『何かを試みようとすれば、あらゆる反対、異論を克服しなければならない。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

何しろ『出る杭』は打たれる。要は、『試みる』というぐらいなのだから、それは往々にして『テスト』、『挑戦』、『新規開拓』、『イノベーション(改革)』

>>続きを見る

 

『人生とはおもしろいものです。何か一つを手放したら、それよりずっといいものがやってくるものです。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『わらしべ長者』の物語ではないが、人生はブーメランゲームという法則を突いた、『代償の法則』、あるいは、『プラスアルファの魔法』というものがあるくらいだ。

>>続きを見る

 

『悲しみがまだなまなましいときには、それを紛らそうとするあらゆる試みは単にいらいらさせるだけだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

まず、『我が妻を殺した者を…!!!なぜブチ殺してはならんのか!!!』これを見てどう思うかだ。まず『紛らわせていいのか』どうか。

>>続きを見る

 

『悲しみは精神のサビであり、活動がこれをぬぐい去って輝かす。』

 

カテゴリー:自己/精神

人間が動けば、『サビ』は出る。それは、鉄が雨にさらされたら錆びるのと同じだ。医学的に言えば『活性酸素』と言われる物質が体中に充満し、あるいは『乳酸』が溜まることによって

>>続きを見る

 

『家庭の幸福のために貯えられる金は、一番よい使い方をされる。』

 

カテゴリー:お金/資産

これに関しては、以下のマザー・テレサの言葉を考えることが有効である。 『家に帰って家族を大切にしてあげてください。』

>>続きを見る

 

『ロンドンに飽きた者は人生に飽きた者だ。ロンドンには人生が与え得るもの全てがあるから。』

 

カテゴリー:人生/生死

サミュエル・ジョンソンはイギリス人だから、ロンドンだ。日本人なら、東京、アメリカならニューヨーク、ロシアならモスクワ、イタリアならローマ、フランスならパリだ。

>>続きを見る

 

『我が家で安らかな幸せを味わう。それがすべての野心の目指す結末である。』

 

カテゴリー:人生/生死

『野心的であること』と『家庭での安らかなひと時』は、一見すると対極にある印象を受ける。

>>続きを見る

 

『大偉業を成し遂げさせるものは体力ではない、耐久力である。元気いっぱいに一日三時間あるけば、七年後には地球を一周できるほどである。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

あれこれと考える必要はない。ここで考えるべきなのはたった一つ。『1%のルール(スライムの法則)』

>>続きを見る

 

『何事も思っているほど悪くない。朝になれば状況はよくなっている。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

『朝になれば状況はよくなっている』ということは、『朝、起きるまでの間に何かが起きた』ということになる。ということは、『寝ている間』だ。睡眠中だ。それまでは、少し悩んでいた。憂いていて、心配していた。

>>続きを見る

 

『短い人生は時間の浪費によっていっそう短くなる。』

 

カテゴリー:時間/運命

それでは、下記の偉人の言葉と併せて考えてみよう。ベンジャミン・フランクリンは言った。

>>続きを見る

 

『多忙という威厳をまとった怠惰に、人は何よりもたやすくひきつけられる。』

 

カテゴリー:自己/精神

この話をピタリ言い当てている話を、イギリスの博愛主義者チャールズ・バクストンの、

>>続きを見る

 

『金のために結婚するものは悪い人間であり、恋のために結婚するのは愚かな人間である。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

金目当ての結婚が悪いのは、想像にた易い。では、恋の為に結婚するのが愚かだというのは、どういうことだろうか。

>>続きを見る

 

『人は一冊の本を作るために、図書館半分をひっくり返す。』

 

カテゴリー:知性/知恵

つまり、だとすると単純にこう考えたいのだ。ソクラテスは言った。

>>続きを見る

 

『辞書は時計のようなものだ。いい加減な辞書なら無いほうがいいし、最もよい辞書でも完全に正しいと期待することはできない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

だとしたらいっそのこと無い方がいいと思いがちだが、しかし無いと無いで、今よりも混沌に陥る。『法律』と同じだ。あれも完全ではないが、かといってそれを無くせば、今よりも地球は混沌に陥るのである。

>>続きを見る

 

『言葉とは、思想の衣装なのだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

どんな言葉を言うかということは、その人物の『脳』や『心』が強く影響している。それを考えると『言葉』とは、精神から生み出された思想をまとう、衣装である。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP