名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

森信三『金の苦労を知らない人は、その人柄がいかに良くても、どこか食い足りぬところがある。人の苦しみの察しがつかぬからである。』

森信三


日本教育者 森信三

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


それがかつての私だ。20代前半までの私だ。私の人柄は、良い方だった。周りの評判もあった。私の周りにはいつも笑顔があった。当たり前だ。私が笑わせていたのだから。

 

しかし、私の人間的な価値は、大したものではなかった。私が周りを楽しませ、貢献するに比例して、私には見返りがあるはずだった。そう願っていた。それを狙っていた。

 

しかし、それはなかった。そこにあったのはまるで、『ピエロのパラドクス』だ。

 

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサードリンク

     

    森信三の言葉を自分のものにする



    パラドクス=逆説。つまり、ピエロは人を笑わせたかった。友達になりたかった。そして、そこに集った皆で、あわよくば一緒に何かをやりたかった。しかし、化粧を落とし、芸を辞めると、人々はあっという間に自分の前から立ち去ってしまった。

     

    そこに残ったものは、追い求めていた事実ではなかった。ピエロは、人々を楽しませることにばかり気を取られ、自分という人間の本性が何であるかを、そこにいる皆に伝えそびれたのだ。

     

    彼らは、『ピエロの本性』になど興味はなかった。彼らが興味があったのは、『ピエロがやる芸』だったのだ。

     

    ドストエフスキーは言った。

    『金こそは、取るに足らぬ人物を第一級の地位に導いてくれる唯一の道である。』

     

    私が、人々の笑いの中心という『第一級の地位』にいることが出来たのは、私が彼らの『ニーズ』を満たしていたからであり、私の信念や、理念に共鳴していたのではなかった。

     

    悪かったのは私の方だ。何しろ私は、彼らを『利用しようとしていた』のだから。『あわよくば』何かを一緒にやろうと思って、しかし、それを支配するのは自分であると考えていた。

     

    それよりも先にやるべきことがあった。人に、ついてきてもらいたいのなら、見せるべき誠意があった。私は自分の力を過信して、傲慢不遜に陥り、人間を自分の思い通りに動かそうとして、自滅したのだ。

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク
    『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    21.『お金を稼ぐことは、良いのか。それとも悪いのか。

    『義利合一』。それが答えだ。


    >>続きを見る

     

    22.『本当の友人とは。

    真の友人は『失意時代』にわかる。『得意時代』に群がる人間を過信するな。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『なぜ必要以上の化粧をしている。なぜ人目を気にしておどけているのだ。ピエロのパラドクスを知れ。』

     

     

     

     

    森信三『金の苦労を知らない人は、その人柄がいかに良くても、どこか食い足りぬところがある。人の苦しみの察しがつかぬからである。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    同じ人物の名言


    『教育とは流れる水の上に文字を書くような儚いものだ。だが、それを岩壁に刻み込むような真剣さで取り組まなくてはいけない。』

     

    『人間には進歩か退歩かのいずれかがあって、その中間はない。現状維持と思うのは、実は退歩している証拠だ。』

     

    『一生の志を立てることが根本です。つまり自分の生涯を貫く志を打ち立てるということです。』

     

    『人間の人柄というものは、その人が目下に対する場合の態度、とくに言葉遣いによって分かるものであります。』

     

    『結局最後は、『世のため人のため』という所がなくては、真の意味で志とは言いがたい。』

     

    『人間は徹底しなければ駄目です。もし徹底することができなければ、普通の人間です。』

     

    『自分が現在なさなければならぬと分かった事をするために、それ以外の一切の事は、一時思いきってふり捨てる。』

     

    『内面的に強くなることです。他の一切のことは、すべてそれからのことです。』

     

    『自己に与えられた条件をギリギリまで生かすことが、人生の生き方の最大最深の秘訣である。』

     

    『一生を真に充実して生きる道は、結局今日という一日を真に充実して生きる外(ほか)ないでしょう。』

     

    『人間の偉さは才能の多少よりも、己に授かった天分を、生涯かけて出し尽すか否かにあるといってよい。』

     

    『われわれ人間は、感激や感動のできる間は、まだその人は進歩する可能性を持っていると言ってもよいでしょう。』

     

    『人間の値打ちというものは、その人が大切な事柄に対して、どれほど決心し努力することができるかどうかによって決まる。』

     



    ↑ PAGE TOP