名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

黒澤明『生まれた時から地獄に慣れているから、天国へ行けなんて言われると恐怖で震え上がってしまう。』

黒澤明


日本映画監督 黒澤明画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


ポイントは、『黒澤明に植えついたパラダイム(価値観)』だ。一体、過去に何があったのか。wikipediaで調べるだけでも、まず小学生の時に父親の不正経理がばれて引っ越しを余儀なくされ、学校も転校し、そこではいじめに遭った。

 

受験の失敗もしている。そうした過去に植えつき、染みついたパラダイムが、往々にして、人間の人生に大きな影響を与える。

 

 

しかしそもそも、作家や映画監督の名言の場合、『作品の中のキャラクターの言葉』がピックアップされている可能性もあるので、あまり決めつけて言うことは出来ないが、元々私は、別にそれがフィクションだろうがノンフィクションだろうが、そんなことで判断していないから、関係ない。この言葉のみを見て、考えたいのだ。

 

もし、『強いられる』ことが当たり前だった時代を過ごしていたとしたら、黒澤明は偉人になる資格試験を受けたことになる。

 

ココ・シャネルは12歳の頃に母親を亡くし、すぐに父親に捨てられ、孤児院生活を余儀なくされている。ナポレオンは、癲癇持ちだった。

 

ルノワールピカソはどうだ。車椅子だ。病気だ。アインシュタインエジソンはどうだ。何も障害が無かったか。黒人たちはどうだ。マルコムXに、キング牧師。挙げたらキリがない。

 

もし、この言葉が黒澤明の言葉で、こうした過去に強いられた経験上、あのようなストイックかつ、本物志向の世界のクロサワが出来上がったのなら、前述した通りだ。かつての地獄は、通るべき道だったのだ。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

1.『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。

人間が背負う全ての思い悩みや苦しみは、選ばれし者だけが受けられる『資格試験』だ。そして、『ピンチはチャンス』の意味をはき違えている人間は多い。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生のあらゆる艱難辛苦とは、バネにかかる圧力である。』

 

 

黄金律

『艱難辛苦とは、自分の器を削る作業に他ならない。器を大きくしている間は、少しくらい我慢しなければならない。』

 

黄金律

『逆境?窮地?それはそうだろう。枯渇したのだ。それはスポンジが水を吸収する用意が整ったことを意味する。』

 

黄金律

『人間は一生過ちを犯し続ける。『人間』とは、それを認識している者に与えられた称号である。』

 

 

黄金律

『この道は闇に続いている。私はそれを人一倍知っている。だからこそ歩ける、王道の道がある。私は堕ちたのではない。王になる道を歩く権利を得たのだ。』

 

 

 

黒澤明『生まれた時から地獄に慣れているから、天国へ行けなんて言われると恐怖で震え上がってしまう。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『私はまだ、映画がよくわかっていない。』

 

『人間自分の苦労に正比例して価値判断をしてはならない。』

 

『些細なことだといって、ひとつ妥協したら、将棋倒しに全てが壊れてしまう。』

 

『悪魔のように細心に、天使のように大胆に。』

 

『生きているのは苦しいとかなんとか言うけれど、それは人間の気取りでね。正直、生きているのはいいものだよ。とても面白い。』

 

『泥沼にだって星は映るんだ。』

 

『創造というのは記憶ですね。自分の経験やいろいろなものを読んで記憶に残っていたものが足がかりになって、何かが創れるんで、無から創造できるはずがない。』

 

『ハッキリと言わなければ、かえって人を傷付けることもある。』

 

『悪いところは誰でも見つけられるけれど、いいところを見つけるのは、そのための目を磨いておかないとできない。』

 



↑ PAGE TOP