名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

スティーブン・キング『構想は優れた作家にとって無用の長物であり、無能な作家が真っ先に頼る常套手段である。構想に寄りかかった作品は、いかにも不自然で重ったるい。』

スティーブン・キング


アメリカ作家 スティーブン・キング

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


私も映画館で映画を毎週観る(多い時には3本)、という生活を、かれこれもう6年以上続けているのだから、多少は作品について語ってもいいだろう。

 

スティーブン・キングは、

『構想を練ることと、作品の流れを自然に任せることは、とうてい両立しない。』

 

とも言ったわけだが、確かに、様々な映画を観てきたが、CMやそのディスクリプション(説明文、キャッチコピー)だけがキャッチーで、実際の中身を観ると、全くの期待外れということがたまにある。

 

さしずめ、メーターで考えた場合、

 

『左のメーターを認識させられる』のだが、『実際は右のメーター』だったのだ。その落差に幻滅し、期待外れだったという感想を抱かせるのである。

 

要は、この『落差』をどれだけ生み出さないかが、作家を含めた全ての制作者に求められる要素となるわけだ。ここで言うなら、構想だけ奇想天外で面白いと思っても、実際に映像化したり、作品化してみると、何が何だかわからない。

 

I×V=R

 

イメージ(想像)×ビビットネス(臨場感)=リアリティ(現実感)だ。

 

だとすると、まずの段階で、『イメージ』出来ないのである。だから臨場感に繋がらないし、リアリティも無い。従って、何が何だかわからないという感想を持たせ、駄作の烙印を押されるのである。

 

その点、人間の想像力をリアルにかき立たせる作品などに触れると、私も時々あるのだが、時空が歪み、今、そこが映画館であるということを忘れる。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

25.『自分のものに出来ない知識は、自分の知識とは言えない。

知識と知恵は違う。それを理解するのが知性だ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

スティーブン・キング『構想は優れた作家にとって無用の長物であり、無能な作家が真っ先に頼る常套手段である。構想に寄りかかった作品は、いかにも不自然で重ったるい。』


スポンサードリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

スティーブン・キング関連の書籍

 

同じ人物の名言


『何事であれ、自分に才能があるとなれば、人は指先に血が滲み、目の玉が抜け落ちそうになるまでそのことにのめり込むはずである。』

 

『感動した作品の影響で、その文体に染まることは一向にかまわない。』

 

『言葉は意図を近似的に表示するものでしかない。多くの場合、どう頑張っても文章では全てを尽くせない。』

 

『言葉はいつもネクタイに紐靴の正装である必要はない。小説の役割は文法の手本を示すことではない。』

 

『書くもの書くものが全部支持されるということはあり得ない。』

 

『楽しくなければ何をやっても無駄である。』

 

『これはいける、という知恵は、ある天気のいい日に何の前触れもなく空から降ってわくものだと思っておけば間違いない。』

 

『才能は食卓塩よりも安い。才能ある人と成功者の差は、努力の量だ。』

 

『ウ●コ投げ競争の優勝者は、手がいちばん汚れてない人間だ。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP