名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ジャン・パウル『文は人なり。』

ジャン・パウル


ドイツ作家 ジャン・パウル画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


これだけでは的確な内省が出来るかどうかは定かではないが、もし私が普段から部下に言っていることであっても、一応の説明はつく。

 

私が言っているのはこうだ。

『文章には心の全てが出るぞ。俺は文章を見ればその人の心が見える。』

 

これは決して自惚れではない。これでも謙遜している方だ。つまり、実際は別に文章を見なくても、立居振舞や表情、その他の態度で、相手の心は大体わかるのであり、それを言ってもそこに信憑性がないから、これでも抑えて言っているのだ。私の17歳の時の恩師からの異名は、『人間ウォッチャー(観測機)』である。

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサードリンク

     

    ジャン・パウルの言葉を自分のものにする



    例えば、私の部下が持っていた精神障害は『吃音症』だ。それに付随して、軽度のADD、ADHD、LDといった精神傷害も患っていて、注意は常として散漫だし、約束は一瞬で破るし、嘘は平気でつくし、誤魔化すし、どもるし、黙り込むし、人がしゃべりだすと同時にかぶせて話そうとするくせに、聴いてみるとまた黙り込むし、と言ったような、まあとにかく『通常』ではなかったわけだ。そしてそれは、入社して7年、今も続いている現象である。

     

    しかし、7年前のそれと比べるのであれば、随分ましになっていて、それが一番わかるシーンこそ、『文章』なのである。

     

    当時は、『ワードサラダ』と言って、言語障害を持った人間が、サラダのように言葉をごちゃまぜにして、支離滅裂で文脈もくそもない話し方をしてしまうイメージで、思いついた単語をポンポンとだし、それを繋げることが出来ず、こっちに何を伝えたいかが全くわからなかった。

     

    私はその度に『お前だけが発言して満足してるぞ。相手に伝わらなければ会話とは言えないぞ。』という内容を、『極めて強く』指導してきたが、何百回と同じ指導をして、ようやくわずかな変化が起きたレベルで、病気だと認知していない当時は、殺意さえ覚えたものである。それが、本当に病気なのかどうかは病院で検査していないのでわからないが、部下の症状は、全て冒頭で挙げた精神障害そのものだった。

     

    とにかく、当時の部下の文章など、そのワードサラダそのもの。とあるシーンでは、仕事を通した感想文を書け、というときに、

     

    『書けない』

     

    という、通常ではおよそ理解不能の次元が捻じ曲がる言葉を発し、あわや大惨事になりかけたが、しかし、もし部下が病気なのだとしたら、それなりの対応があると思い、彼を首にもせず、半殺しにもせず、長期で教育していく現在の方法を取ったのだ。

     

    私は、この『長期』というのが嫌いで、『物事を思い通りにしたい』と思う気持ちが強い人間だから、彼の様な人間が部下にいることは、ストレスそのものだった。

     

    しかし、そこは考え方を変えて、『逆に自分の弱点を穴埋めする為の試練であり糧だ』とか、『自分の過信や思い上がりを戒める教訓そのものだ』とすることで、今日まで部下との関係性は存在しているわけである。

     

    とにかく、そんな部下の文章のレベルが変わってきているのだ。私は14年前の時点で、『人間ウォッチャー』である。そして、この部下の上司を7年やっている。その私が言っているのだ。

     

    文章は、人の心を映し出す鏡だ。

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

     

    『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

    外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

     

    黄金律

    『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

     

    黄金律

    『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

     

    黄金律

    『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

     

     

     

    ジャン・パウル『文は人なり。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

     

    同じ人物の名言


    『人生は一冊の書物によく似ている。愚かな者はそれをパラパラとめくっているが、賢い者はそれを念入りに読む。なぜなら彼は、ただ一度しかそれを読めないことを、知っているからだ。』

     

    『大文字ばかりで印刷された書物は読みにくい。日曜日ばかりの人生もそれと同じだ。』

     

    『貧困と希望は母と娘である。娘と付き合っていると母のほうを忘れる。』

     

    『老人の上機嫌ほど美しいものはない』

     

    『父親が子供に語ることは世間には聞こえないが、彼の子孫には聞こえる』

     

    『称讃された時ではなく、叱責された時に謙虚さを失わない者こそ真に謙譲な人間である』

     

    『われわれが追い出されずにすむ唯一の楽園は思い出である』

     

    『地上の生活においては、一年々々はまさに短いものである。年齢などはもっと短いし、人の一生ときたら、この上なく短い。しかし、その日その日は長いものである。刻一刻はもっと長いものだし、瞬間というものは往々にして、永遠に等しい』

     

    『常に謙虚であるならば、褒められたときも、けなされたときにも間違いをしない。』

     



    ↑ PAGE TOP