名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

親鸞『一人いて悲しい時は二人いると思え。二人いて悲しい時は三人いると思え。その一人は親鸞なり。』

親鸞


日本僧侶 親鸞画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


私は『慰め』が嫌いなので、この言葉は全く響かないが、私の様な人間はむしろ珍しく、人間の割合で考えても、2割ほどしかいないだろう。つまり、8割は『慰め』によって人生を支えられている。

 

まず、72億人中、50億人以上が何らかの信仰を持っている。これもそのことを示す一つの証拠である。

 

 

従って、この言葉に勇気づけられる人は大勢いる。それも、時と場合によっては、力強い威力を発揮し、私のような人間でさえも、『その状況』に陥れば、彼がもし、私以上に強い人間であれば、私は彼のその言葉に勇気づけられ、断固とした意志を取り戻し、明日を生きる力をみなぎらせるだろう。

 

一つ言えるのは、人を慰め、人の支えとなり、人の為に生きる、こういう生き方が出来るということは、とても尊いということだ。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

親鸞『一人いて悲しい時は二人いると思え。二人いて悲しい時は三人いると思え。その一人は親鸞なり。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『いまから町へ出ていって、通りがかりの者でも、地下鉄の乗客でも誰でもよい。手当たり次第に千人殺してきなさい。』

 

『薬があるからといって、毒を好んで飲むべきではない。』

 

『賢者は内面は賢いが、外見は愚かに見える。愚者は内面は愚かだが、外見は賢く見える。』

 

『人の命は日々に今日や限りと思い、時時に只、今や終わりと思うべし。』

 

『自分の意思で心臓を止められないから仏はいる。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP