名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

空海『つまらない人は、善行と悪行の区別がつかず、その因果も信じることが無い。目の前の利益だけを見ているので、その因果は必ず返ってくる。』

空海


日本 空海画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『因果応報』の意味を調べると『前世あるいは過去の善悪の行為が因となり、その報いとして現在に善悪の結果がもたらされること。』

 

とあるが、私はこれに首をかしげていた。もう、『前世』と出ている時点で、イカサマにしか見えない。そしてそれは確信に変わった。

 

ブッダは言った。

ブッダ

『カルマの法則の意味をはき違えてはならない。』(超訳)

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    空海の言葉を自分のものにする



    『カルマの法則』という概念は、決して

     

    『人殺しの子孫は、永久に人殺しの業を背負っていかなければならない』

     

    という意味ではなかったのだ『逆』だった。

     

    つまりこういうことだ。

     

    『ロウソクについていた火が消えた。だからつけた。だが、どうしてこの火がさっきまでの火と同じものだと言えよう。』

     

    私は『ブッダ』という得体のしれない存在を忌み嫌っていた時期があったが、知れば知るほど、彼の人格の高潔さを思い知った。私は仏教徒でもクリスチャンでも何でもない。むしろ、宗教を強要され、一度、宗教を死ぬほど憎んだ時期を経験した人間の一人である。そんな私が言うのだから間違いない。

     

    ブッダは、

    『輪廻(生まれ変わり)などない。天上天下唯我独尊である(見るべきなのは、たった一度のこの命だ)。』

     

    という教えを説いていたのである。

     

    では、だとしら空海の言葉と反目になるだろうか。

     

    いや、別にならない。今出ている話は、『前世』の話である。

     

    『現世』なら、十二分にあり得る。

     

    例えば、人を殺して、直後、

    『いやー、もう悔い改めたし、いいよな。神様だか仏様だか知らねえが、許されるよな!もうしねえんだからよ、な!?』

     

    と言う人間が現れた時、あるいは、ここまで露骨な態度を取らなくても、表面では悔い改めた演技をして、実際は全く悔い改めていない、という時、彼はそれで本当に何も制裁を受けないだろうか。それとも、その行いの採算を合わされることになるだろうか。その答えは明白である。

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

     

    『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

    外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

     

    黄金律

    『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

     

    黄金律

    『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

     

    黄金律

    『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

     

     

     

    空海『つまらない人は、善行と悪行の区別がつかず、その因果も信じることが無い。目の前の利益だけを見ているので、その因果は必ず返ってくる。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

     

    同じ人物の名言


    『心暗きときは、即ち遇うところことごとく禍なり。』

     

    『もしその能に当たるときは、事、通すること快し。用、その宜しきを失すれば労するといえども益無し。』

     

    『ものの道理を見る目が開いていれば、身の回りのものすべてが大事なものだとわかる。』

     

    『嫉妬は自分とそれ以外の人とは別々の存在だと思う心から生じる。』

     

    『もし自分に適していることにその能力を使うなら、物事は極めてうまくゆく。しかし、自分に向いていない物事に、その能力を使うなら、労多く、益は少ないだろう。』

     

    『人間は誰もが胸のなかに、宝石となる石を持っている。一生懸命磨いて、美しく光り輝く玉になる。』

     

    『他人の利益をはかるように努めていると、苦しみの世界に行く因縁が消える。』

     

    『周りの環境は心の状態によって変わる。心が暗いと何を見ても楽しくない。静かで落ち着いた環境にいれば、心も自然と穏やかになる。』

     

    『修行して悟りを得ようとする人は、心の本源を悟ることが必要である。心の本源とは清らかで綺麗な明るい心である。』

     



    ↑ PAGE TOP