名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

田中角栄『時間の守れん人間は何をやってもダメだ。』

田中角栄


日本政治家 田中角栄

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


時間というものは、資産である。70億人すべてに平等に与えられた、財産なのである。

 

もちろん、それぞれに与えられた命の日数は違う。だが、それでもその全ての人々に平等に流れて与えられるのが、時間という財産なのである。

 

コップの中の水を、

 

『もう半分しかない』と捉えるか、

 

 

『まだ半分ある』と捉えるかは人それぞれだが、とにかく、時間というものは、極めて多くの人間が高い価値をつけている、この世の資産である。

 

その『資産』を、きちんと管理できない人間。こんな人間が、どうやって人間関係や、お金、信頼といった『資産』を守ることが出来るだろうか。

 

アメリカの企業では、太った経営者は、経営者失格のレッテルを貼られることが多いと言う。

 

『自分の健康管理一つ出来ない人間に、どうして会社を健全に運営できるのだ。』

 

というその発想は、実に、極めて、合理的である。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

田中角栄『時間の守れん人間は何をやってもダメだ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『私が田中角栄だ。ご存じのとおり小学校高等科卒だ。』

 

『人間は、やっぱり出来損ないだ。みんな失敗もする。その出来損ないの人間そのままを愛せるかどうかなんだ。』

 

『約束したら、必ず果たせ。できない約束はするな。ヘビの生殺しはするな。借りた金は忘れるな。貸した金は忘れろ。』

 

『政治家は発言に、言っていい事・悪い事、言っていい人・悪い人、言っていい時・悪い時、に普段から気を配らなければならない。』

 

『どんな境遇におかれて辛い思いをしても、天も地も人も恨まない。』

 

『寝言を言ったり不満ばかり言っている奴は、人生終わるまで不満を抱き続ける人間になるぞ。』

 

『いやなことは、その日のうちに忘れろ。自分でどうにもならんのにクヨクヨするのは阿呆だ。』

 

『借り物でない自分の言葉で、全力で話せ。そうすれば、初めて人が聞く耳を持ってくれる。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP