『田中角栄の言葉』を自分のものにしよう!

田中角栄とは

日本政治家。田中角栄は1918年5月4日に生まれ、1993年12月16日に75歳で没した日本の政治家です。娘に同じく政治家の田中真紀子がいます。新潟県現柏崎市の貧しい農家に生まれ、とても勉強家だったとされています。小学校時代の成績表はすべて優秀でしたが、貧しい家柄から高校に進学することができませんでした。それでも生涯勉強を辞めることをせず、豊富な知識量と行動力からコンピュータ付きブルドーザーと形容されることもあるほどの人物でした。

 

交友関係も広く、同じく政治家の大平正芳、竹下登、河野洋平ととても親交が深かったことが知られています。さらには政治家としての弟子として橋本龍太郎、小沢一郎、渡部恒三など、現代にも通じるさまざまな政治家に大きな影響を与えた人物として知られています。秘書や運転手など、下の人間に対しても労をねぎらうことを欠かさず、とても人望があったとされています。できることとできないことをはっきりと発言し、できると発言したことはしっかりと実現するという有限実行を徹底した人物としても知られています。

 

ソ連訪問の際には盗聴に注意されるように促され、逆手を取って自室でトイレットペーパーが悪い、タオルが汚いと大きな声で発し、翌日に交換されていたという逸話もあります。そのような田中角栄の名言としては人間は、やっぱり出来損ないだ。みんな失敗もする。その出来損ないの人間そのままを愛せるかどうかなんだ、というものがあります。とても人情味に溢れた人物だったことが伺えます。

メニュー

内省記事一覧