名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

宮沢賢治『真の幸福に至れるのであれば、それまでの悲しみは、エピソードに過ぎない。』

宮沢賢治


日本作家 宮沢賢治画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


例えば単純に、仕事をたくさんして、その後にビールを飲んでみたとする。(私は別にビールを飲まないが)

 

酒が飲める人にとってその一杯目のビールは、格別だ。だがこれが、二杯目、三杯目となる時、そのビールの味はどうなっているだろうか。あるいは、仕事をしないでのんべんらだりとし、飲むビール。それと、仕事終わりのそのビールの味はどうだ。

 

同じだろうか。それとも、違うものだろうか。

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    宮沢賢治の言葉を自分のものにする



    限界効用の逓減とは、例えば今書いたように、このように1杯目、2杯目、3杯目となるほど、ビール(財)から得られるメリット(効用)は小さくなるということ。

     

     

    人間は、そういう風になっているのである。

     

    だとしたらどうだ。次の文章を見て、どう思う。聖書の『伝道者の書 5章』にあるこの一文だ。 (私は無宗教だ。)

    『見よ。

     

    私がよいと見たこと、好ましいことは、神がその人に許されるいのちの日数の間、日の下で骨折るすべての労苦のうちに、しあわせを見つけて、食べたり飲んだりすることだ。

     

    これが人の受ける分なのだ。

     

    実に神はすべての人間に富と財宝を与え、これを楽しむことを許し、自分の受ける分を受け、自分の労苦を喜ぶようにされた。

     

    これこそが神の賜物である。

     

    こういう人は、自分の生涯のことをくよくよ思わない。神が彼の心を喜びで満たされるからだ。』

     

     

    小説家、吉川栄治は言った。

    『登山の目標は山頂と決まっている。しかし、人生の面白さはその山頂にはなく、かえって逆境の、山の中腹にある。』

     

    悲しみ、労苦、疲労、ストレス、人生のそういう艱難辛苦(かんなんしんく)は全て、『必要な要素』なのだ。

     

    例えば漢方薬があるだろう。

     

     

    あれを飲むと、体に良い。何かこう漠然と、そういうイメージと知識があるはずだ。

     

    しかし実はあの漢方薬。それ自体は『毒』なのである。そして、その毒を排泄しようと体からの排出が促進されて、健康になるのである。老廃物と毒素がしっかり排出されて、免疫力も上がる。従って体調が回復するのだ。

     

    そこまで考えると見えて来る。『必要な要素』なのだ。人生の艱難辛苦は。

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

     

    『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    1.『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。

    人間が背負う全ての思い悩みや苦しみは、選ばれし者だけが受けられる『資格試験』だ。そして、『ピンチはチャンス』の意味をはき違えている人間は多い。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『大変という字は大きく変わると書く。大きな変化を自分に期待する人間が、大変な思いを避けてどうする。』

     

    黄金律

    『逆に、なぜ一本道だと思ったのか。』

     

     

    黄金律

    『いくら押しても開かないドアがあるなら、それは『引きドア』だ。』

     

     

    黄金律

    『結果が出るまで『続ける』のではない。結果が出るまで『最適化する』のだ。そこにある差は、まるで『紙ヒコーキとセスナ』である。』

     

    黄金律

    『この道は闇に続いている。私はそれを人一倍知っている。だからこそ歩ける、王道の道がある。私は堕ちたのではない。王になる道を歩く権利を得たのだ。』

     

    黄金律

    『真っ白で、綺麗で、勝者でいられるって、そりゃあそうだろう。黒に触れなきゃ、白くいられる。』

     

     

     

     

    宮沢賢治『真の幸福に至れるのであれば、それまでの悲しみは、エピソードに過ぎない。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

     

    同じ人物の名言


    『誰だって、ほんとうにいいことをしたら、いちばん幸せなんだねえ。』

     

    『誓って言うが、わたくしはこの仕事で疲れを覚えたことはない。』

     

    『どうも、ちょうどよく働くことほど、体に良い事は無いですな。』

     

    『自分が真実から目をそむけて子どもたちに本当のことが、語れるのか。』

     

    『永久の未完成、これ完成である。』

     

    『無意識から溢れるものでなければ、多くは無力か詐偽である。』

     

    『世界全体が幸福にならないかぎりは、個人の幸福はありえない。』

     

    『一つずつの小さな現在が続いているだけである。』

     

    『雨にも負けず 風にも負けず 雪にも夏の暑さにも負けぬ 丈夫なからだをもち 慾はなく 決して怒らず いつも静かに笑っている』

     

    『何がしあわせかわからないです。本当にどんなに辛いことでも、それが正しい道を進む中の出来事なら峠の上りも下りもみんな本当の幸せに近づく一足づつですから。』

     

    『すべてさびしさと悲傷とを焚いて ひとはとうめいな軌道をすすむ。』

     



    ↑ PAGE TOP