名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

スティーブ・ジョブズ『これがマッキントッシュの大きさだ。これ以上、大きくすることは許さない。消費者に受け入れられる限度がそれだ。』

スティーブ・ジョブズ


アメリカ実業家 スティーブ・ジョブズ

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


徹底して消費者の立場に立ち、ニーズが何かを見極めて、それに合致する製品を創り上げる為なら、どんな試練の壁も突破する。正直、こんな考え方一つあれば、どんなビジネスにおいても、結果を出すことが出来る。

 

だが、それがなかなかできない。なかなかできないから、ジョブズが偉人として数えられているのだ。

 

 

何しろ、未踏未達の道を開拓するということは、ただただリスク(未知の領域)へと足を踏み入れるということ。その暗闇に何があるか、わかったものではない。もしかしたら地雷があるかもしれないのだ。

 

 

踏んだら終わりだ。全て水の泡。しかし、どこかへ行くには足を前に踏み出す以外、方法はないのである。

 

確かに偉人たちの評価というものは、『後付け』なのかもしれない。未踏未達の道に『踏み出す前の常識』は常に真っ暗闇で、事実、その闇に堕ち、あるいは地雷を踏んで自滅する人も多い。

 

そんな時、

(あれほどやめておけばいいと忠告したんだ)

 

と言った人の助言は、実に『常識的』で、『賢明』なのである。

 

それがたまたま開拓できたというだけで、それはあくまでも『たまたま』。出来ないことの方が圧倒的に多いから、だからといってやみくもに暗闇に足を突っ込めばいいというわけではない。

 

だがどうしてだろう。

 

こんなにも偉人たちの生き方に共通点が見つかるのは。

 

これは、『カギ』である。

 

 

そのカギを使って開かずのドアを開けるか開けないかは、自分の自由である。

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

26.『簡潔、単純、シンプルが知性だ。

簡潔に出来ないならそこに知性はない。シンプル・イズ・ベストだ。


>>続きを見る

 

37.『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。

金鉱で金を掘り当てることが出来る人間は、『最後』まで掘るのを止めなかった人間だけだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

スティーブ・ジョブズ『これがマッキントッシュの大きさだ。これ以上、大きくすることは許さない。消費者に受け入れられる限度がそれだ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『残りの人生、このまま砂糖水を売ることに費やしたいのか、それとも世界を変えるチャンスをものにしたいか?』

 

『もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定を私は本当にやりたいだろうか?』

 

『大事なのは量より質。2塁打2本より、1本のホームランの方がずっといい。』

 

『30代や40代のアーティストが斬新なものを生み出して社会に貢献できることはめったにない。』

 

『イノベーションは、研究開発費の額とは関係がない。』

 

『我々は自らのビジョンに賭けているんだ。そうする方が横並びの製品をつくるよりいいと思っている。そういうものは他社に任せるよ。』

 

『いまはまたリスクが溢れている。これはとてもいいことだ。そのリスクを覗いて向こう側を見てみると、なんだか大きく化けそうだと思えてくる。』

 

『私はアップルの経営を上手くやるために仕事をしているわけではない。最高のコンピュータを作るために仕事をしているのだ。』

 

『あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。ドグマ(教義、常識、既存の理論)にとらわれるな。』

 

『すばらしい仕事をするには、自分のやっていることを好きにならなくてはいけない。まだそれを見つけていないのなら、探すのをやめてはいけない。』

 

『偉大な大工は、たとえ見えなくてもキャビネットの後ろにちゃちな木材を使ったりはしない。』

 

『絶対にマネのできない、マネしようとすら思わないレベルのイノベーションを続けろ。』

 

『ハングリーであれ、愚かであれ。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP