名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

豊臣秀吉『家康は愚か者だ。が、油断のならない愚か者だ。』

豊臣秀吉


日本武将 豊臣秀吉画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


この発想が出来る人が珍しい。多くの人は、『見誤る』。そして、見誤るということがどういうことかすら、理解していないのだ。

 

世の中には『メタの世界』というものがある。何のことは無い。『水面下』の話だ。
例えば、愛想笑いをしている人がいる。しかし実際は愛想笑いなわけで、本当の本音は、別にある。この時点で、表面上に出ている笑顔と、水面下で行われている心の動きは、矛盾している。

 

こう考えた時、この世界には『表面上』と『水面下』の、二つの世界があることが容易に理解できるはずである。その『水面下』を含めた、表層上に出ていないもう一つの次元を、『メタの世界』と私は呼んでいる。ここまで考えた時にわかるはずだが、往々にしてこの世界の人間は、『メタの世界』を見ることが出来ない。

 

 

表層上に出ている世界だけで物事を判断してしまっているのである。

 

冷徹無比な君主論を説いた、マキャベリもこう言っている。

『大衆は常に外見だけを見て、出来事の結果によって判断する。』

 

『人間は、内容よりも外見で判断しがちなものである。だれでも眼は持っているが、洞察の才を持っている者は稀である。』

 

ハロー効果』とは、相手に何らかの条件が積み重なると、相手が輝いて見え、実際以上の評価をしてしまう『錯覚』のことであるが、 まさにその現象がこれらの話を裏打ちしている。だとすると、この秀吉の言葉は、卓越している。秀吉の見識の鋭さが、露呈している。

 

映画『清須会議』を見れば、彼がどれほど計算高く、慎重かつ狡猾で、野心に溢れているかがよくわかる。彼の見識に隙があったら、信長の跡取りを決めるその清須会議も、秀吉にとって悪い方向でまとまっていただろう。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

35.『知者?無知者?自分が振る舞っている人格はどっちだ。

『無知の知』。それは、『人間は生涯、全知全能になることはできない』ということを悟る知性。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

豊臣秀吉『家康は愚か者だ。が、油断のならない愚か者だ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『金を溜め込んで使わないのは、良い侍を牢屋に入れておくことと同じ。』

 

『主人は無理を言うなる者と知れ。』

 

『元来人を斬ることが嫌いの性分であるが、覚悟がなおも直らないお前を、他国に行かせたのでは、恥の上にも一門の恥さらしとなるから、人手にかけず、秀吉のこの手で殺してやろうぞ。』

 

『人はただ、さし出づるこそ、よかりけれ 戦のときも先駆けをして』

 

『いくら謙信や信玄が名将でも、俺には敵わない。彼らは早く死んでよかったのだ。生きていれば、必ず俺の部下になっていただろう。』

 

『側に置いておそろしい奴は、遠くに飛ばす。』

 

『障子を開けてみよ。外は広いぞ。』

 

『負けると思えば負ける、勝つと思えば勝つ。逆になろうと、人には勝つと言い聞かすべし。』

 



↑ PAGE TOP