名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ガンジー『前進するなら、歴史を繰り返すのではなく新しい歴史をつくろう。私たちの祖先が残した遺産に、新たな良きものを加えよう。』

ガンジー


インド宗教家 ガンジー画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


マルクスは言った。

『歴史は繰り返す。最初は悲劇だが、二番目は茶番だ』

 

つまり、ガンジーの願いは『一部』叶わない。『歴史は繰り返す』ことが、決まっているからだ。だが、『もう一部』は叶う。それはマルクスの意見も一致している。

 

『同じ失敗なら、意識すればやめられるはずだ』

 

ということ。つまり、『繰り返される歴史』という大きな波は変えられないかもしれないが、『同じ失敗を繰り返す』という小さな波なら、人間の意識によって変えられるのである。

 

ただし、注目しなければならないのは、次の一文だ。経済学の巨人と言われたガルブレイスは、1636年のチューリップ狂の経験以来、 何も変わらないある法則を見極め、こう言っていた。著書『バブルの物語』にはこうある。

 

-------------▼

 

『個人も機関も、富の増大から得られるすばらしい満足感のとりこになる。これには自分の洞察力がすぐれているからだという幻想がつきものなのであるが、この幻想は、自分および他の人の知性は金の所有と密接に歩調をそろえて進んでいるという一般的な受け止め方によって守られている。』

 

 

-------------▲

 

バブルが膨らみ、それが弾ける。こんなことが、ガルブレイスから言わせても、もう400年続けられているのだ。これはマルクスに言わせれば『茶番』であり、ガンジーから見れば『新しい歴史ではない』のである。

 

ということは、やはり言ったように『歴史は繰り返す』のであるが、しかし、細分化すれば話は別だ。

 

『同じ人、国、企業』が、同じ轍を踏むのであれば、それは茶番だが、一応、そうではなく、いや確かに『人間規模』で言えば繰り返されているが、『部分の頻発』なので、だとしたらまだ救いはある。我々人間が、『人間規模の視野』を手に入れさえすれば、歴史が繰り返されることすら、制御できるのだ。

 

それがいつ実現できるかどうかということではない。『そうできる』のだ。そういう事実があり、可能性がある以上、その真理から目を逸らすべきではないのである。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

24.『失敗をすぐに認められるか、それとも隠蔽するかで人間の価値は決まる。

自分のミスや失敗を隠したくなる気持ちはわかる。わかるが、『子供』もそれをやっていることを考えた時、そこに違和感を覚えるはずだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ガンジー『前進するなら、歴史を繰り返すのではなく新しい歴史をつくろう。私たちの祖先が残した遺産に、新たな良きものを加えよう。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『私にはクリスマスのお祭り騒ぎが以前からどうしても受け入れられない。それはイエスの生涯や教えに全くそぐわないように思える。』

 

『いかなることがあっても、暴力に訴えてはなりません。抵抗せず、ただ打たれてください。』

 

『無暴力とは、悪を行う人間の意志におとなしく服従することではなく、暴力者の意志に対して全霊を投げうつことである。』

 

『君が考えること、語ること、すること、その3つが調和しているとき、そのときこそ幸福はきみのものだ。』

 

『世界に変化を望むのであれば、みずからが変化となれ。』

 

『沈む夕陽の素晴らしさや月の美しさに見とれるたびに、私の魂はますます神を崇めるようになります。』

 

『人類への信頼を失ってはならない。人類は海のようなものである。たとえ海の中の数滴が汚れていても、海全体は汚れない。』

 

『明日はもう政府はないと思いなさい。そのとき、あなた自身が政府となるのだ。』

 

『理想に近づこうと努力すればするほど、理想は遠ざかっていく。』

 

『自分から負けに屈してしまわない限り、それは負けではないのだから、もがくことはみっともないことではない。』

 

『私たちのように未完成な人間に、何もかも完璧にこなせるわけがない。私たちにできるのは、その時その時の妥協点を探ることである。』

 

『自然は時に残酷な暴力となって、人々に降りかかる。けれどもあらゆる出来事には意味があると考えるなら、私たちは自然の猛威さえからも、目をさらさずに何かを学び、救いの道を探るべきではないだろうか。』

 

『あらゆる改革は、不満を抱くことから始まった。いままで当たり前のように受け入れられていたものを、嫌悪するようになったとき、人は初めてそれを捨てることができる。』

 

『人は何度でも立ち上がる。立ち上がっては倒れ、立ち上がっては倒れ、その足元はおぼつかないかもしれない。けれども、立ち上がったことは、一生忘れることのない、かけがえのない記憶となる。』

 

『あらゆる執着からの自由とは神を真理として現実化させることである。』

 



↑ PAGE TOP