名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ラ・ロシュフーコー『人間には、裏切ってやろうとたくらんだ裏切りより、心弱きがゆえの裏切りのほうが多いのだ。』

ラ・ロシュフーコー


フランスモラリスト ラ・ロシュフーコー画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


私が、公認会計士のキングスレイ・ウォードの言葉、

『本を一冊読むたびに正しい方向に一歩前進する。』

 

に書いた、『資産を横領して逃げた知人』についても、同じことが言えるだろう。私は、当時という渦中にあった時からすでにわかっていた。彼がなぜそういう行動を取ったかという心理が。『損の穴』を埋めようとしたのだ。

 

彼は『知識、知恵』を生業にする人間だった。その人間が、死に物狂いで磨いてきた武器で挑んだ勝負で、負けた。

 

負け

 

刃が刺さらなかったのだ。つまり、歯が立たなかった。最初はそういうつもりはなかったのだ。しかし、勝負をけしかけてしまい、返り討ちに合い、結果、アイデンティティ(自分の存在価値)を見失ってしまった。その『穴』を埋めるために、わずかばかりの資産を横領したのだ。それで『勝ち逃げ』に持っていきたかった。

 

私には色々な対処方法があったが、私は、人として最も高潔で、最も難しく、最も自分を誇れる形として、この問題を解決することを決意した。『赦し』たのだ。

 

もし、私が本当に『知性で勝負に勝った』のであれば、私はそれぐらいのことが出来なければ、イカサマ師になる。赤ん坊がしてしまった不始末に激昂する親はいるだろうか。そう考えると、私の方こそ、心を強く持たなければならない、ワンシーンだったのだ。

 

『人間には、裏切ってやろうとたくらんだ裏切りより、心弱きがゆえの裏切りのほうが多いのだ。』

 

またこういうこともあった。いや、よくある。多々ある。私の身の回りには、常にこういうことがある。私は普段、自分の本性を全てさらけ出さない主義だ。だから恩師からはよく『宝の持ち腐れ』だとか、『君の潜在能力が見たい』と言われたものだった。

 

しかし私は『誇示』と『主張』の境目がいまだにハッキリ見えておらず、それが誇示になるようであれば一歩引いてしまう考え方を持っているのである。私が子供のころからあこがれていたのは、『普段は実力を隠しているが、いざとなったらとてつもない力を発揮して人を驚かせる』という人間のモデルだ。それがいまだに尾を引いて、私という人格を形成しているのである。

 

モデル

 

しかし、それがゆえにやはり普段は、私を誤解する人が後を絶たない。人は見た目で判断し、自分の目で見てきた世界がこの世のすべてだと思っている。思慮深い人間は違うが、思慮浅い人間が大多数を占め、自分のことで精いっぱいの人々に、一人の人間に対する理解の深さを求めること自体が、お門違いなのかもしれない。

 

そんなことから、私は『私のことをてなづけようとする人』を見ることは日常茶飯事である。わかりやすく数値で言うと、例えば私は普段、自分を抑えているから『レベル10』の人のふりをしている。そして、同じようなレベルの人、あるいは『レベル20』くらいのひとが私のことを『レベル10』だと見誤り、私の上に立とうとするのだ。

 

しかし実際には『レベル100』だとしたらどうだろうか。私が高いレベルの人間だと言っているのではなく、実際にそうだとしたらどうだろうかということだ。そこにあるのは滑稽な構図である。私からすれば見誤り、『上に立とうとした』時点で相手に落ち度があるということになるが、 しかしラ・ロシュフーコーの言う通りである。

 

構図

 

『人間には、裏切ってやろうとたくらんだ裏切りより、心弱きがゆえの裏切りのほうが多いのだ。』

 

彼らは皆、弱き心を持っていた。その弱さが仇となり、良からぬことを画策し、それがうまくいかずに自滅したのだ。

 

また、前にいた会社では、私の一つ上の上司だった人間が、私が独立したことを客観視し、そこの社長が絵をかいて私を『子会社』のような形で独立させたと勘違いし、

 

『自分も独立させてくださいよ。』

 

と意見をし、逆に降格されたということがあった。彼は私の元上司で、最初こそ私におびえていたのに、上司になって、自分の方が仕事で結果を出していたから自信がつき、過信に結びついてしまったのだ。

 

その独立は、完全に私一人でやったものだった。そこへその社長が案を出してきて、『Win-Win』の構図があったので一緒に仕事をしていただけだった。しかし、事情を知らないその他の人間は、無口で従順な私が急に会社を辞めて独立したものだから、良からぬことを考えたのだろう。

 

独立

 

『私の実力ではない』と思ったのだ。人はとかく、人を『自分と同レベルか、あるいは格下か』と思い込んだり、あるいは『自分の目で見てきた世界がこの世のすべて』だと思い込むものである。

 

『人間には、裏切ってやろうとたくらんだ裏切りより、心弱きがゆえの裏切りのほうが多いのだ。』

 

彼らは皆弱き心を持っていた。それがゆえに、人の気持ちを逆撫でしたり、踏みにじるようなことをしてしまった。これが人間という生き物である。

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人間には心がある。心があるから人間なのだ。』

 

 

黄金律

『人間は一生過ちを犯し続ける。『人間』とは、それを認識している者に与えられた称号である。』

 

 

 

 

ラ・ロシュフーコー『人間には、裏切ってやろうとたくらんだ裏切りより、心弱きがゆえの裏切りのほうが多いのだ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言

『嫉妬は常に恋と共に生まれる。しかし必ずしも恋と共には滅びない。』

 

『我々は、幸福になるためによりも、幸福だと人に思わせるために四苦八苦しているのである。』

 

『人は、他人と違っているのと同じくらい自分自身とも違っている時がある。』

 

『死と太陽は直視することは不可能である。』

 

『大多数の若者は、そのぶしつけと無作法を、天真爛漫のつもりでいる。』

 

『人間は、自分が考えるほど不幸でもないし、それほど幸福でもない。』

 

『友情のための最大の努力は、友人に我々の欠点を見せることではない。彼に彼の欠点を悟らせることだ。』

 

『うぬぼれというものがついぞなかったら、人生はてんで楽しくあるまい。』

 

『運命は理性の力では直せない数々の欠点を改めさせる。』

 

『洞察力の最大の欠点は、的に達しないことではなく、その先まで行ってしまうことである。』

 

『不可能なことはない。すべてに至る道がある。』

 

『われわれは生涯の様々な年齢にまったくの新参者としてたどりつく。だから、多くの場合、いくら年をとっても、その経験においては経験不足なのである。』

 

『運も健康と同じように管理する必要がある。好調な時は充分に楽しみ、不調な時は気長にかまえ、そしてよくよくの場合でない限り、決して荒治療はしないことである。』

 

『情熱は、つねに人を説き伏せる無類の弁舌家である。』

 



↑ PAGE TOP