名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

伊藤仁斎『我よく人を愛すれば、人また我を愛す。』

伊藤仁斎


日本儒学者 伊藤仁斎画像


人を愛すれば、人は愛してくれる。この当たり前の順序を理解していない人がいる。例えばこういう例を見て考えてみよう。

 

『兄弟を事故で失った。いつもくっついて一緒にいる兄弟だった。親はそれを見て、とても心を痛めた。自分の監督不行き届きについて考えても、心が痛かった。

 

だから残された子を、死んでしまったこの分まで愛そうと誓った。そして、行き過ぎた愛を与える人生が始まった。

 

子は、心に空いた穴の喪失感を埋めるために、その愛を無条件でひたすら絞り取った。親は、自分のしたことの罪悪感を少しでも緩和させる為、あるいは、死んでしまったもう一人の子供のことを想いながら、その子に二人分の愛を注いだ。

 

そしてこの家庭の愛の形は崩壊した。

 

 

行き過ぎた愛が、歪曲した愛へと形が変わり、子は、

 

別にこちらから愛さなくても、人が勝手に自分を哀れんで愛してくれる

 

という図式に完全に甘んじた、愚かな人間に育った。』

 

この子供は、社会不適合者になった。

 

社会とは、そこで生活する権利を得た人間とは、まず第一に国民の三大義務、『勤労、教育、納税』の責務を負うことが当然である。しかしそれは、今まで教わってきた教育の中には無い。今までは『与える』のではなく、『一方的に貰う』ことだけが当たり前だった。

 

(なぜ社会に尽くさなければならないのか?俺は被害者なのに…。もっと尽くせよ、俺の親のようにな。)

 

 

関連リンク:ブッダ『歪んだ愛情は、文字通り人の人格を捻じ曲げる。』

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

伊藤仁斎『我よく人を愛すれば、人また我を愛す。』



↑ PAGE TOP