名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ラッセル『愛情を受け取る人間は、一般的に言えば愛情を付与する人である。』

ラッセル


イギリス哲学者 ラッセル画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『愛を受け取った』のに、『愛を与えた人』だとラッセルは言う。だがこれは倒置法なのである。逆から読めばすぐに理解できるはずだ。

 

『愛を与えた』。だから、『愛を返してもらった』。

 

ということになるのだ。つまり、

 

『愛を受け取った人は、往々にしてその前に、愛をその人に与えている』

 

のである。これを『影響力の武器』にある『返報性の原理』として戦略的に分析してもいいが、 やめておこう。お返しありきの愛が、美しくは見えないからだ。

 

クリスチャン

 

 

もし、自分が(愛されていない)と思うのであれば、それはただ自分が『愛していない』からだ。これは私も部下によく言う言葉である。

 

私は周りからまず最初に『嫌われる』ことが多い。なぜなら浮世離れしているからだ。周囲に合わせない。周囲に合わせることは自分にとっての侮辱だと考えていて、周りが右に行ったら左に行くことを念頭に置いている。

 

いや、天邪鬼を演じていて、ひねくれているわけではない。例えば、羊羹で有名な『とらや』を抜いて、和菓子業界で1位を取った『たねや』の経営者は、和菓子という伝統と、洋菓子にある流行性をうまく混ぜ合わせ、伝統と流行を駆使して大きなエネルギーを生み出した。

 

彼が『カンブリア宮殿』で言っていたのは、

『交差点で信号待ちをしているとき、青信号になったらまず最初に歩道を歩くのが私です。』

 

歩道

 

というような内容だった。つまりそれは、主体性を大事にしていることを意味している。周囲の人間が前に出てから初めて前に出る。そういうことは主体性の欠如したこういであると自覚しているのだ。私が言っているのもそういうことである。

 

だから最初は怪訝な顔をされる。異物を見たときに物珍しそうにする感覚と同じだ。そして警察なら往々にして睨みをきかせてくる。それはこちらとしては腹の立つことではあるが、実際はそれでいい。警察が『違和感のあるもの』に対して敏感である証拠だ。むしろ優秀であると褒めたほうがいい。

 

だが、ひとたび私と深く接することがあると、人々は私を好きになってくれることが多い。それは一体なぜだろうか。

 

例えば、あるショップの店員は例によって最初、私を異物扱いして嫌った。だが、接触する回を増すごとに態度が変わってきて、最後には敬語を使い、私を食事にまで誘うようになった。それは一体なぜだとおもうだろうか。

 

もうわかっただろう。

 

『愛情を受け取る人間は、一般的に言えば愛情を付与する人である。』

 

私は彼ら、彼女らを『愛した』のである。人物が特定されるので何をしたかは言わないが、彼ら、彼女らは私から愛されたことによって、愛を返してくれたのである。

 

愛

 

それを短絡的に解釈した私の部下は、いつも通り自分本位で被害者づらをした発想をしてしまうようだ。まるで、私が最初から人々に愛される人間性を備え持っていて、自分にはそれがないから、差がついて当たり前だ、とでも言うかのように自分を卑下し、あるいはに対して嫉妬してばかりいる。

 

いくらでもそうするといい。ただ、時間がドブに流れて消えるだけだ。

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

ラッセル『愛情を受け取る人間は、一般的に言えば愛情を付与する人である。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『諸君が自分自身に対して関心を持つのと同じように、他人が自分に関心を持っているとは期待するな。』

 

『道徳は、つねに変化している。』

 

『希望というものは、絶望から生まれるのです。』

 

『私は両親の愛にまさる、偉大な愛を知らない。』

 

『自分の意見と違う意見に腹を立てず、そういう意見が出た理由を理解しようとする術を学ぶことが大事である。』

 

『常識外れの思想を持つことを恐れてはいけない。今日の常識のほとんどは、元々常識外れの思想から生まれているのだから』

 

『政府がちょっと手を貸せば、どんなに馬鹿げた事でも大多数の国民が信じるようになる。』

 

『何かをやれるという最良の証拠は、他人がすでにそれをやり遂げたという事実である。』

 

『愛国心とは喜んで人を殺し、つまらぬことのために死ぬことだ。』

 

『実際、人類の大半が愚かであるということを考えれば、広く受け入れられている意見は、馬鹿げている可能性のほうが高い。』

 



↑ PAGE TOP