『白洲次郎の言葉』を自分のものにしよう!

白洲次郎とは(画像

日本政治家。生誕1902年。白洲次郎(1902年~1985年)は、官僚・実業家として戦後日本の復興に大きく寄与した人物です。終戦連絡中央事務局次長や貿易庁長官、東北電力会長などを歴任しました。

 

そのキャリアの大半が官僚としてのものであるため、その業績はこれまであまり広く知られていませんでした。しかし、2000年代に入り戦後社会の見直しが積極的に行われるようになる頃から、あらためてこの人の業績が高く評価されるようになりました。

 

官僚としては、戦後連合軍の占領下において吉田茂首相の側近として活躍したことが知られています。とくに連合国軍最高司令官総司令部との連絡役として大きな役割を担い、戦後日本の進路を決定していくうえで大きな働きがあったことは間違いないでしょう。その後は東北電力の会長など実業家としても活躍します。現在では、評伝など書籍でその足跡を辿ることができます。

メニュー

内省記事一覧