『吉田茂の言葉』を自分のものにしよう!

吉田茂とは(画像

日本政治家。生誕1878年。吉田茂は日本の外交官であり政治家で、外務大臣を務めた後に内閣総理大臣に就任し、戦後の混乱期にあった日本を奮起させた功績で知られています。1978年9月22日生まれで、1967年10月20日まで生きました。葉巻をこよなく愛したことと、そのふくよかな外観から和製チャーチルと呼ばれ親しまれていました。

 

彼の残した名言には、「戦争に負けたが、外交に勝った歴史はある。」、「大志を抱けば、天下が何ものか恐るるに足らず。」など前向きで力強い印象を受けるものが多くあります。しかし中には、「忙しいと疲れたは、自慢にならぬ。」という、人によっては耳が痛くなるようなものもあり、彼の名言について調べるとおもしろい発見が多々あります。

メニュー

内省記事一覧