『司馬遼太郎の言葉』を自分のものにしよう!

司馬遼太郎(福田 定一)とは

日本作家。生誕1923年。司馬遼太郎(1923~1996年)は20世紀の日本を代表する大作家で、歴史小説はもちろんのこと、紀行小説、ノンフィクション、評論など幅広い分野で活躍しました。

代表作には「竜馬がゆく」「坂の上の雲」「燃えよ剣」などがあり、どれも映画化やドラマ化が行われているので、原作に接したことがない人にもおなじみでしょう。とくに「竜馬がゆく」は、世間の坂本龍馬へのイメージを決定付けたとも言われています。対談集も多く、数多くの著名人との対談を記した記録は現在では非常に貴重なものとなっています。また、宮崎駿を高く評価していたことも知られています。

その作品は「司馬史観」とも言われ時々批判の対象となるものの、それだけ作家の枠に留まらない大きな影響力を持った人物だったと言えます。現在でも、歴史小説を読む際には避けては通れない大作家です。

メニュー

内省記事一覧