『ヒト』を最適化しよう。

口臭の予防はその種類で方法が異なる!歯科医院での定期メンテナンスもその一つ

口臭は予防が大事

口臭対策のために何と言っても重要なのは『予防』です。例えば『素肌美人になれる 正しいスキンケア事典 (基本の美容シリーズ)』にはこうあります。

突然に見えるニキビもじつは段階を踏んできた

(省略)この、表面に見えていない時期からケアすること、すなわち『予防』が、ニキビケアの最重要事項。ニキビができてから、つまり噴火してしまってから治すのは、より大変になるからです。

 

 

癌もニキビも、あらゆる病気で一番大切なのは予防です。ですからニキビの場合は『赤ニキビ』になる前にしっかりと予防することが大事ですし、癌であっても、初期の場合なら治ることがあります。

 

例えば日本人は、きれい好きできちっとしていて清潔で、しかも毎日のように、2回以上歯を磨いていて、中には3回以上歯を磨いているというのに、『先進国でもっとも虫歯の多い国』なのです。その理由は恐らく、

 

  • 挨拶としてのキスがない
  • いざとなれば歯医者に行けばいいと思っている

 

という『日本人独特の考え方の甘え』が関係しています。アメリカの破産の原因の第一位は『医療費の未払い』ですから、日本人はアメリカ人ほど危機意識がないのです。つまりアメリカは、

 

健康を損ねたら大変だ!普段の心掛けが大切なんだ!

 

という『前始末』型の考え方になっていて、日本は、

 

病気になってもその時に病院に行けばいいや

 

という『後始末』型の考え方になってしまっているということなのです。前始末の重要性はとてつもなく高いのです。

 

 

『後始末では遅い。前始末をせよ。』

 

また、下記の表にあるように口臭には様々な種類と原因があります。

 

様々な口臭の原因とニオイの種類

歯周病・虫歯 イオウのニオイ
胃腸病 卵の腐ったニオイ
肝臓病 ネズミ臭(濡れ雑巾とニンニクが混ざったようなニオイ)
糖尿病 甘い、甘酸っぱいニオイ(ケトン体)
腎臓病 アンモニアのニオイ
呼吸器系疾患 生臭い、肉の腐ったニオイ
心臓病 生臭い、肉の腐ったニオイ
唾液の減少 雑巾や布巾のような生乾きのようなニオイ

 

 

ほとんどが『病気』ですよね。したがって、口臭の予防対策というのはほぼ『病気の予防』に等しいのです。それであれば、風邪の予防で手洗いとうがいをし、癌を初期の段階で発見して治療するのと同じ考え方で、予防、前始末が何よりも大事なのだというイメージが浮かびやすいですね。

 

例えば歌舞伎役者の中村獅童さんは、2017年、ステージ1aのがんが発覚。しかし、『奇跡的と言われる程の早期発見』によって、医師からは、

 

すぐに手術をすれば完治する。

 

と言われたといいます。また、2012年に初期の胃がん切除手術を受けた、雨上がり決死隊の宮迫博之さんは、

 

僕は定期的には(検診に)行ってはなかっったんですけど、6年ぶりにたまたま行ったところで胃がんが見つかって。

 

と自身の経験を語りました。

 

それもすごいスピードで見つかっったので、後遺症もなかったんですよ

 

とのこと。病気の早期発見は人の命を救うのです。例えばこの宮迫さんも、6年間は、

 

自分と病気は無縁だ

 

と思っていたわけです。しかし、ふとしたきっかけで病気との縁を感じ、検診をした。そして胃がんを早期発見できて、無事に危機的なリスクを避けることができたのです。病気を未然に防ぐ、予防、前始末というのはあまりにも重要なことなのです。

 

 

先生

前始末の重要性を理解できる人はとても知的な人だと言えるね!多くの人は、そしてこれからも人がいる限り後始末に追われる人は後を絶たないよ!
うーむ!

ハニワくん

各口臭の予防と対策

口臭というのは先ほどの表にもありましたが、様々な要因があります。

 

生理的口臭

呼称
一般的なもの 加齢性、起床時、空腹時、緊張時、疲労時など
ホルモンの変調などに起因するもの 妊娠時、月経時、思春期、更年期など
嗜好物・飲食物・薬物によるもの ニンニク、アルコール、薬物(活性型ビタミン剤)など

 

病的(器質的・身体的)口臭

呼称
歯科口腔領域の疾患 歯周炎、特殊な歯肉炎、口腔粘膜の炎症、舌苔、悪性腫瘍など
耳鼻咽喉科領域の疾患 副鼻腔炎、咽頭・喉頭の炎症、悪性腫瘍など
全身(内科)疾患 糖尿病(アセトン臭)、肝疾患(アミン臭)、腎疾患(アンモニア臭)など

 

 

1 2 3 4