名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

孔子『堕落するな。堕落の落とし穴は、下流にも上流にもある。』


孔子の言葉


儒教の始祖 孔子(画像

 

どんなに聡明な者でもよからぬ場所や地位にい続ければ、知らず知らずのうちに悪に染まったり、悪や不正について鈍感になってしまいがちである。

『よからぬ場所』とは、上流社会から見た、下流だけではない。むしろ、ここでいう上流社会こそ、『下流』に成り下がっている場合が多い。

 

孔子は、

『毎日、代わり映えしない連中と寄り集まって一日中おしゃべりをしていながら、天下国家の話題にまったく触れず、コセついた話ばかりしているようでは、どうにも救いようがない』

 

また、

『腹いっぱい食べてはゴロゴロと無為に日々を送るぐらいなら、まだしも博打をする方がいい。少しは精神の刺激になるだろうから』

 

と言っている。あるいは、

『一級の人間は正義をもって上司に仕え、忠告が聞き入れられなければ、地位に恋々とせずに、さっさと辞職すべきだ』

 

とも述べている。

 

自分の心に注意深く耳を当てると、『このままここにいることは自分を腐らせる』と心が叫ぶはずだ。自分にしか聞こえないその”声”を、自分が信じなければ誰が信じるというのか。

 

慣れ合い、傷のなめ合い、隠蔽、賄賂、天下り。これらに甘んじることに恥を覚えない人間がそもそも『上流』だと思っているようであれば、本当の一流の人間に成ることは諦めたほうがいい。 ”エセ一流”として、虚しく余生を生きながらえることだ・

 

一流は、その真逆のことをする。正々堂々、切磋琢磨、真実の追及、無私無欲、のし上がり。”力”に対し、屈したか、屈しなかったか。それが一流と、それ以外の人間との差だ。

 

 

参照:ここをもって君子は下流に居るを悪む。天下の悪みなこれに帰す。

(子張第十九-二十)

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

36.『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。

『コツコツ』という言葉が嫌いなら使う必要はない。『確かな一歩』を踏み続けろ。それは確かにたかだか一歩だ。だが、『確か』な一歩だ。


>>続きを見る

 

37.『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。

金鉱で金を掘り当てることが出来る人間は、『最後』まで掘るのを止めなかった人間だけだ。


>>続きを見る

 

38.『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。

一つのことに集中することで得られる甚大な恩恵を知れ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

黄金律

『人間には聖性と魔性の両面がある。聖性を優位にし、魔性を劣位にする、という闘いこそがジ・ハード(聖戦)なのである。』

 

 

 

孔子『堕落するな。堕落の落とし穴は、下流にも上流にもある。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

広告

 

↑ PAGE TOP