名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

キリスト『少しばかりの酒を飲もう。それが自分の心を癒してくれるのなら。』


イエス・キリストの言葉


キリスト教の礎 イエス・キリスト

 

『自分にとって強い酒』を飲んで『自分』を見失っているようではだめだ。だが、『自分にとってほどよい酒』を飲んで『悲しみ』を忘れるのは良い。酒を分解のは人間の体内にある酵素である。この酵素は人によって量が違う。従って当然、人によって酒の強い、弱いが決まる。

 

まさか、自分に『たまたま』その酵素が多いからといって、少ない人に対し酒を強要し、『弱いな』などといって侮辱し、煽り、酒を無理やり飲ませ、急性アルコール中毒で死に至らしめるようなことはしていないだろう。

 

自分にとっての『適度』は、自分の体がよく知っている。自分と向き合い、自分と相談し、時には酒を飲んで人生の悩みを中和しよう。

 

 

参照:『格言の書 第31章』

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

31.『いつも心が愉快であることの、甚大な恩恵を知れ。

心が常に愉快であることは、至極の宝である。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人間には心がある。心があるから人間なのだ。』

 

 

黄金律

『人間は一生過ちを犯し続ける。『人間』とは、それを認識している者に与えられた称号である。』

 

 

 

 

キリスト『少しばかりの酒を飲もう。それが自分の心を癒してくれるのなら。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『結局、つとめ励む者こそ人を支配するようになる。』

 

『人間は弱い。嘘と偽り、富と貧しさ、これらによって心を牛耳られる。』

 

『驕りを捨てれば、仕事と事業に成功する。』

 

『倹約家は繁栄し、ケチは滅びる。』

 

『なぜ、思慮浅い人が未熟なのか。』

 

『”水”を思い出せ。柔は剛をも打ち砕く。』

 

『天上天下唯我独尊。その意味をはき違えるな。』

 

『見て見ぬフリをして争いを避け、平和主義を演じるのはやめよ。』

 

『傷口を舐めるのは、動物だ。人間は、舐めない。人間がやることは、治療だ。治癒の手伝いだ。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP