名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

キリスト『不誠実が嫌いなら人間を辞めるしかない。赤子が誠実なのは、人間としてまだ未熟なだけだ。』


イエス・キリストの言葉


キリスト教の礎 イエス・キリスト

 

そもそも、誠実、不誠実というのはどう決めているだろうか。そんなもの、自分たちの物差しで勝手に決めているだけに過ぎない。相対的なのだ。

 

例えば、ある大物有名人は、大物を通り越して超大物だった為、苦笑いするしかない出来事が度々あるという。彼は言った。

『一流タレントは、店の人によくしてもらえる。割り引いてもらったり、ゲスト扱いされて特別な待遇を受けたり。だがこれが、超一流になると話が変わってくる。逆に、ぼったくられるんです。腐るほど金を持ってると思ってるんですかね。こっちも何も言えませんけどね。』

 

だがもちろんそのスタッフは実に腰が低く、敬意を持って接してくる。『表面的』には、とても誠実に見える。しかし、実際はぼったくっている。

 

そう考えたら、誠実、不誠実など、どうやって判断すると言うのか。そのぼったくったスタッフが、途上国の難民で、腹の空かせた子供を何人も抱え、今日食事代を稼がなければその子供の命が危ないという事情があり、心を鬼にしてそうしたのであれば、今度はそのスタッフが、『誠実』に見えてこなくもない。元々金のある人から金を取って何が悪いのかと考えたら、確かに金がある人は積極的に寄付や人助けや納税をするべきだという意見も、理に適っていなくはない。

 

だが、それを寄付される側が言うとまた違和感があるし、自発的にやったらやったで、背景に印象管理の情報操作や話題作りの匂いがして、偽善者っぽさが滲み出たり胡散臭くならなくもない。キリがないのだ。相対的なのだから。

 

だが、赤ちゃんを見て、『不誠実』だと思う人はいるだろうか。赤ちゃんはとても純粋無垢で、清廉潔白だ。もし、その後の人生で人格が歪んだのであれば、それは赤ちゃんのせいじゃないだろう。赤ちゃんは純粋だったはずだ。それに色を付け、あるいは歪曲させた存在があるのだ。

 

それは『人間』である。


『人間』というものは、もはや不誠実な存在なのだ。その意味で、赤ちゃんはまだ『人間』として未熟なのだ。『人間として未熟だから、誠実』なのだ。


『汚れるのが厭ならば生きるをの辞めなくてはならない。生きているのに汚れていないつもりならば、それは鈍感である。』
by吉行淳之介


私は潔白だが、あの人は悪だ。そう考えてしまう人間こそ、汚れているのである。

 

 

参照:『エレミヤの書 第12章』

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人間には聖性と魔性の両面がある。聖性を優位にし、魔性を劣位にする、という闘いこそがジ・ハード(聖戦)なのである。』

 

 

 

キリスト『不誠実が嫌いなら人間を辞めるしかない。赤子が誠実なのは、人間としてまだ未熟なだけだ。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『白から黒はすぐだ。だが、黒から白に戻すのは容易ではない。』

 

『真理に目を向けられないのが、もし”臆病者”だとしたら?』

 

『なぜ人間を中心に考えなければならないのだ。全て平等に扱う。』

 

『その偶像は一体なんだ?誰がその像を拝めと言ったのだろうか。』

 

『人間は土壇場で本性が変わる。だとしたら彼らの声は、傾聴に値しない。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP