名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

キリスト『人間は弱い。嘘と偽り、富と貧しさ、これらによって心を牛耳られる。』


イエス・キリストの言葉


キリスト教の礎 イエス・キリスト

 

偽りと嘘、富と貧しさ、これらによって人は、自分の心を支配され、我を見失ってしまう。私自身、何度となくこれに支配されて『人間を辞めた』人を見てきた。もちろん、私自身もだ。

 

これらに支配されている間の人間の顔は、もはや人間ではない。遠い昔、『悪魔』や『鬼』、『呪い』や『祟り』という概念が生まれたのもうなづける、人格が変わったようにおどろおどろしい態度を取ってみせるのだ。

 

偽り、欺き、誤魔化そうとしている人間の、なんと無様なことか。本人は『自己防衛本能だから』といって正当化するが、その言葉を人生のどこかで聞いたことがあるだけで、本来の『自己防衛』の意味をはき違えている。

 

他人を欺き、自分を偽ることで自己防衛は出来ない。出来るのは、”その場しのぎの誤魔化し”だけだ。 ”その場しのぎの誤魔化し”はまるで、『応急処置』。バンドエイドを貼っただけでは、癌は治らない。誠心誠意、素直に生き、自分の心と向き合って、癌の腫瘍を取り除く。これこそが本当の、『自己防衛』なのである。

 

貧しさは人を拝金的にさせ、富は驕りを増幅させる。これに支配されているときの人といったら、倫理的な問題や、人としての越権行為には、目もくれない。規範意識が歪み、人格が歪曲する。

 

そういう人間は、人生に悔いを残す。真理から外れた行為をすれば人は必ず、悔いを残すようになっているのだ。一見すると派手な死を選び、『悔いは残っていない』と思うような死に方を選択した人間でさえ、心底の部分ではしっかりと人生に悔いを残している。

 

恨み、つらみ、妬み、嫉み、悲しみ、嘆き、悔しさ、劣等感、それらがあるからこそ、そういう死を選んだのだから。それでは、”失敗”だ。

 

生きてる限り、やり直しは何度でもきく。病床でもいい。塀の中でもいい。最後の最後に自分の人生に打ち克ち、悔いのない人生を生きるべし。それらによって自分を支配されるような、やわな生き方をしてはならない。

 

 

参照:『格言の書 第30章』

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人間には聖性と魔性の両面がある。聖性を優位にし、魔性を劣位にする、という闘いこそがジ・ハード(聖戦)なのである。』

 

 

 

キリスト『人間は弱い。嘘と偽り、富と貧しさ、これらによって心を牛耳られる。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『なぜ、思慮浅い人が未熟なのか。』

 

『”水”を思い出せ。柔は剛をも打ち砕く。』

 

『天上天下唯我独尊。その意味をはき違えるな。』

 

『見て見ぬフリをして争いを避け、平和主義を演じるのはやめよ。』

 

『傷口を舐めるのは、動物だ。人間は、舐めない。人間がやることは、治療だ。治癒の手伝いだ。』

 

『浮気をするな。不倫をするな。だが、脳と心は別次元と考えるのが正解だ。』

 

『性欲があるのは当然だ。だが、性欲の持っていき方を間違えると、取り返しはつかない。』

 

『少しばかりの酒を飲もう。それが自分の心を癒してくれるのなら。』

 

『自分は敬虔な信仰者?それなのになぜあなたの家には、不和があるのだ。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP