名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『自業自得。それは、手柄も責任も、全て自分の物だということだ。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

『自業自得』とは、自分の行為の報いを自分自身が受けること。一般に、悪業の報いを受けることにいう。これは仏教用語である。

 

さて、よく聞くのは後述した方。つまり、『自業自得だよそんなもの』などと吐き捨てられ、自分のやったことの責任を取る。そういう考え方が蔓延しているだろう。しかし、『自得』という言葉がないがしろにされている実際は、悪いことだけではないのだ。良いことも、自分のものになるのだ。

 

そう考えたら、少しこの言葉に対する捉え方も変わってくる。一般に考える『自業自得』は、何か責められている気がして、戒めの言葉だか何だか知らないが、『敵視』して『拒絶』してしまう本音もある。

 

だが、『自得』という部分にフィーチャーすると、(なんだ、良いことをしたことは返ってきて、それは良いことをしたことの報酬だから受け取っていのか。)などという発想の下、何だか受け入れやすくなってくる。これが人間というものだ。

 

最初はそれでいい。そのうちその法則に慣れてくると、その『報酬』に対する心構えも自然と変わってくるからだ。『自業自得』という意味をここまで理解できたなら、まずは十分だ。

 

 

参照:法句経165

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ブッダ『自業自得。それは、手柄も責任も、全て自分の物だということだ。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『自分の内面を見つめようとしない人とは、付き合うべきではない。彼らはまるで、虚ろだ。』

 

『建設が好きなら朗報がある。永久に、それは末代まで響く建設があるのだ。』

 

『鬼ごっこが好きなら朗報がある。永久に、それは末代まで続く鬼ごっこがあるのだ。』

 

『逃げる?だとしたら、地獄の果てまで追いかけられるだろう。今すぐ改めた方が良い。』

 

『無敵のバリアを手に入れよ。(その二)』

 

『慌てなくていい。焦らなくていい。悲観しなくていい。いずれ報われる。』

 

『ネガティブ→何もしない→ポジティブ。この順番を頭に入れるべし。』

 

『まさかそのゴミを掃除しても、何も善いことが起こらないと思っているわけではあるまい。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP