名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『自分を傷つけるのは他人?環境?はたまた運命?…違う。自分自身だ。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

生きていると自分を嫌う人も現れる。自分を憎む人も、妬む人も現れる。そういうものだ。それについて憂いたり、恨んだりしてはならない。

私も幼少期は、ただただそういう理不尽を受け入れることが出来なかった。

『なぜそういうことがあるのか。』『なぜそういうことをするのか。』

何もしていないのに。こっちには非がないのに。こんなに理不尽なことがあってたまるか。そして私は、その怒りに心を支配され、人格を歪曲させていったのである。こんなにも哀れなことはない。理不尽に屈し、自分自身も理不尽な存在になってしまったのだ。

他人には他人の理由がある。環境には環境の理由がある。私はただ、他人の気持ちを想像できなかっただけだ私はただ、環境の理由を理解できなかっただけだ。

『刑務所の鉄格子の間から、二人の男が外を見た。

一人は泥を眺め、一人は星を眺めた。』


 

怒ることも、憂うことも、そして楽しむことも、全てを決めているのは自分だ。

 

 

 

参照:法句経42

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ブッダ『自分を傷つけるのは他人?環境?はたまた運命?…違う。自分自身だ。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『理不尽に支配されるな。逆に、支配するのだ。』

 

『悪口を言われない人はいない。』

 

『見栄とプライドの意味をはき違えるな。』

 

『外ではなく、”内”を観ることができるかどうか、問われている。』

 

『自分を傷つけるのは他人?環境?はたまた運命?…違う。自分自身だ。』

 

『人の態度は自分の心を映した鏡だ』

 

『他人を困らせ快感を得るのなら、それと引き換えに悔いの残る人生を生きろ。』

 

『手柄を捨てろ。手柄に執着することは、愚かである。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP