名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

スティーブン・ポール・“スティーブ”・ジョブズ 名言/格言

スティーブ・ジョブズ

 

スティーブ・ジョブズとは

アメリカ実業家通称『アップル創業者』。アップル社を設立したアメリカ合衆国の実業家であるスティーブ・ジョブズは、1955年2月24日にカリフォルニア州のサンフランシスコで生まれました。父はシリアからの留学生でアブドゥルファター・ジャンダリ、母はアメリカ人のジョアン・シーブル。イスラム教徒であったアブドゥルファターとの結婚を、ジョアンの父が認めなかったため養子に出されることとなり、アメリカ人夫妻のジョブズ家へ引き取られました。実父アブドゥルファターとはお互いの思惑から生涯一度も会わなかったそうです。

 

スティーブ・ジョブズが13歳の時にヒューレット・パッカード社の支社にアルバイトとして入社し、それがコンピューターと関わるきっかけになります。大学時代にはヒッピー文化への傾倒からインドへ自分探しの旅に出かけたいと考えるようになり、その旅費を稼ぐためにアタリ社に入社します。

 

その後、当初の予定通りインドへ放浪の旅に出かけるも、想像していた姿とは大きく異なるインドに失望し帰国。1975年にアタリ社へ復職し、上司に命じられたブロック崩しゲームの設計をスティーブ・ウォズニアックと共に完成させ、多額の報酬を得てアップル社設立の足がかりとします。

 

アップル社におけるスティーブ・ジョブズは、その独善的な振る舞いや社長マイク・スコットとの関係悪化から解雇の憂き目に遭いますが、1996年、アップル社の業績を立て直すために改めて白羽の矢が立ち、2000年にはCEOとして返り咲きます。その後iPodやiPhoneといった画期的な商品を連発し社を世界企業へ押し上げるも、かねてより患っていた癌が原因で2011年10月5日、56歳でこの世を去りました。

 

スティーブ・ジョブズ関連の書籍

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

スティーブ・ジョブズの言葉

 

 

『残りの人生、このまま砂糖水を売ることに費やしたいのか、それとも世界を変えるチャンスをものにしたいか?』

 

カテゴリー:成功/幸福

実は、リンゴのマーク、スタイリッシュなデザインのMacのパソコン、これらを生み出したのは、ジョブズ一人ではない。ジョブズの革新を支える、一流の『人財』がいたのだ。

>>続きを見る

 

『もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定を私は本当にやりたいだろうか?』

 

カテゴリー:人生/生死

古代ローマの詩人ホラティウスは言う。『毎日自分に言い聞かせなさい。今日が人生最後の日だと。あるとは期待していなかった時間が驚きとして訪れるでしょう。』

>>続きを見る

 

『大事なのは量より質。2塁打2本より、1本のホームランの方がずっといい。』

 

カテゴリー:知性/知恵

しかし、『量』を積み重ねなければ『質』にはならない。ジョブズとてそういう『量質変化』を起こしてきたのだ。最初は彼の商品は、誰からも見向きもされなかった。 しかしそれで諦めているようでは、前に進むことは出来なかった。

>>続きを見る

 

『これがマッキントッシュの大きさだ。これ以上、大きくすることは許さない。消費者に受け入れられる限度がそれだ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

徹底して消費者の立場に立ち、ニーズが何かを見極めて、それに合致する製品を創り上げる為なら、どんな試練の壁も突破する。正直、こんな考え方一つあれば、どんなビジネスにおいても、結果を出すことが出来る。

>>続きを見る

 

『抽象的思考や論理的分析よりも、直感的な理解や意識の方が重要だと気づいたんだ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

なんとなく浮かぶ『そうであろう』形や、『どう考えてもこれが理に適っている』とうい形。そういう発想やアイディアは、やはりどこか『他の影響』を受けている様な感覚がある。

>>続きを見る

 

『死は生命にとって唯一にして最高の発明だ。』

 

カテゴリー:人生/生死

『発明』とは、従来みられなかった新規な物や方法を考え出すことである。新たなる見解が持てるということだ。新境地に立てるということ。

>>続きを見る

 

『仏教には「初心」という言葉があるそうです。初心をもっているのは、すばらしいことだ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『初心忘るべからず』というのは、日本人は聞きなれていて、逆に当たり前すぎて聞き流している。

>>続きを見る

 

『私が知ってるなかで、一年で2.5億ドルも失った人なんて自分しかいない。でもそれは非常に人格形成に役立ったよ。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

ここでいう『人格形成』。最初から人格はあったに決まっているのに、この言葉を使うのはどういう意味があるだろうか。

>>続きを見る

 

『私は持っているテクノロジーをすべて引き替えにしても、ソクラテスとの午後のひとときを選ぶね。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『私は持っているテクノロジーをすべて引き替えにしても、ソクラテスとの午後のひとときを選ぶね。私たちはこの世界に凹みをいれてやろうと思ってここにいるんだ。そうでないなら、なんでそもそもここにいる必要があるんだい?』

>>続きを見る

 

『30代や40代のアーティストが斬新なものを生み出して社会に貢献できることはめったにない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『イノベーションは、研究開発費の額とは関係がない。アップル社がマックを開発したとき、米IBM社は少なくとも私たちの100倍の金額を研究開発に投じていた。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP