名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

シャンフォール 名言/格言

シャンフォール

 

シャンフォールとは

フランスモラリスト

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

シャンフォールの言葉

 

『人は、自然の悪を知ることを学んで死を軽蔑し、社会の悪を知ることを学んで生を軽蔑する。』

 

カテゴリー:人生/生死

『自然の悪』というのは例えば、不慮の事故であり、不治の病であり、不可避の天災である。(なぜ何もしていないのに、彼は死ななければならなかったのか。)

>>続きを見る

 

『人間の価値はダイヤモンドのそれと同じであって、 大きさ、純粋性、完璧さの一定の範囲内では、値段が固定し、示される。だが、この範囲を超えると値段がつけられず、買い手が決してつかない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『Facebookを集客に使う本』にはこうある。刺激が少なくても、刺激が強すぎても、『いいね!』にはならない。レビューとして挙げた本にはこうある。

>>続きを見る

 

『中傷は、うるさい蜂のようなものである。これを殺す確信がないならば、手を出してはいけない。さもないと、前よりもいっそう激しい突撃をくり返す。』

 

カテゴリー:知性/知恵

この件に関しては、トマス・ペインのこの記事にも書いた、『中傷は奇妙な掟をもつ悪徳である。それを殺そうとすれば生きるが、放っておけば自然死する。』

>>続きを見る

 

『経済学者とは、とぎすまされたピカピカのメスと刃のこぼれたメスとをもって、すこぶる巧みに死者を解剖し、生者を残酷に取り扱う外科医のようなものである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

この『ピカピカのメス』が『最新のもの』で、『刃のこぼれたメス』が『古いもの』と考えた時、経済学者が、

>>続きを見る

 

『結婚は良識のある者にしか世間から受け容れられない。人の興味を惹くのは人目を惹くバカげた結婚だけであって、あとのはすべてさもしい打算である。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

後半の、『人の興味を惹くのは、人目を惹く馬鹿げた結婚』ということならわかる。クリスチャンでもないのにキリスト教の教会で牧師をつけて挙式をし、最新のウェディングソングをかけて、

>>続きを見る

 

『運命と運命をとりまく衣裳は、人生を一幕の芝居にする。上演がすすむに従って、いちばん律義な人間も、ついには自己の意志に反して役者にさせられてしまう。』

 

カテゴリー:時間/運命

『運命と運命をとりまく衣裳は、人生を一幕の芝居にする。上演がすすむに従って、いちばん律義な人間も、ついには自己の意志に反して役者にさせられてしまう。』

>>続きを見る

 

『真の幸福は目に映じない。真の幸福は見えざるも、私の場合には希望を失ったとき、はじめて幸福が訪れた。』

 

カテゴリー:成功/幸福

『幸福を探していたが見つからなかった。だが、実は目の前にあった』とか、『何でもないような日々が、幸せだったと思う』とか、その様な言葉はこの世界にたくさん溢れているわけである。

>>続きを見る

 

『賢者とは何か。法に対して自然を、慣習に対して理性を、世論に対して自己の良心を、謬見に対して自己の判断を対立させる人間である。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『謬見(びゅうけん)』というのは、間違った考えや見解ということだ。つまり、ここで出ている『法、慣習、世論、謬見』というものは、全て『自分以外の人間が作り出した既成概念や固定観念』であり、

>>続きを見る

 

『教育は、道徳と知恵の二つの基盤のうえに立たねばならない。』

 

カテゴリー:教育/愛情

道徳と智恵、その両方がなければならない。これは、『お人好し』と『利己主義者』と言っていることからも、『義と利』という風に分けることが出来るわけだ。

>>続きを見る

 

『愚鈍は、もし英知を怖れなければ真の愚鈍とはいえない。悪徳は、もし美徳を憎まなけれぱ真の悪徳とはいえない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『愚鈍』とは、理解力がにぶく、頭が悪いということ。『悪徳』とは、道理に外れているということ。

>>続きを見る

 

『女性がなぜ男性との関係を言いふらすのか。その理由としてあげられている大半は、男性にとって不利である。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

『女性がなぜ男性との関係を言いふらすのか。その理由としてあげられている大半は、男性にとって不利である。その真の理由は、この方法によってしか女性は男性に支配権を持つことができないからである。』

>>続きを見る

 

『恋愛は結婚よりももっと興味深い。ちょうど、歴史より小説のほうが面白いのと同じように。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

『恋愛と小説』、『結婚と歴史』、これらのイメージの共通点は、前者が『フィクション、ロマンチック、ファンタジー』であり、後者が『ノンフィクション、リアリティ、現実』というような印象がある。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

↑ページの上部へ


広告

↑ PAGE TOP