名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

ジャン・パウル 名言/格言

ジャン・パウル

 

ヨハン・パウル・フリードリヒ・リヒターとは(画像

ドイツ作家。生誕1763年

 

ジャン・パウル関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

ジャン・パウルの言葉


 

『人生は一冊の書物によく似ている。愚かな者はそれをパラパラとめくっているが、賢い者はそれを念入りに読む。なぜなら彼は、ただ一度しかそれを読めないことを、知っているからだ。』

 

カテゴリー:人生/生死

この人生、『死』を考えられている人と、そうでない人とでは、 毎日の生きるエネルギーが違う。ちょうど、1000m走か何かの長距離走に似ている。

>>続きを見る

 

『大文字ばかりで印刷された書物は読みにくい。日曜日ばかりの人生もそれと同じだ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

私がこの言葉に出会ったのは20歳前後の頃だが、この言葉の意味に気づいたのは、14歳前後の頃だった。私はそれを『夏休みの違和感』と名づけ、その後、しばらくその原因の究明について頭を悩ませた。

>>続きを見る

 

『貧困と希望は母と娘である。娘と付き合っていると母のほうを忘れる。』

 

カテゴリー:お金/資産

例えば、どこかを痛めたら、別のどこかを強くつねれば、最初に痛めた方の部位の痛みが、中和される。そういう様な事が実際にある。

>>続きを見る

 

『文は人なり』

 

カテゴリー:知性/知恵

これだけでは的確な内省が出来るかどうかは定かではないが、もし私が普段から部下に言っていることであっても、一応の説明はつく。

>>続きを見る

 

『老人の上機嫌ほど美しいものはない』

 

カテゴリー:知性/知恵

まず、老人が上機嫌になるときがどういうときなのか、想像してみる。確かに、いつも不機嫌そうにしている老人はいる。あるいは無表情だ。

>>続きを見る

 

『父親が子供に語ることは世間には聞こえないが、彼の子孫には聞こえる』

 

カテゴリー:教育/愛情

例えば加山雄三と岩倉具視の件だ。加山の高祖父が、あの岩倉具視なのである。加山雄三は、バブルの一件で、20億以上の借金を追うことになった。それだけの由緒ある家系で、夫婦で卵かけごはんだけで生活する日もあった。

>>続きを見る

 

『称讃された時ではなく、叱責された時に謙虚さを失わない者こそ真に謙譲な人間である』

 

カテゴリー:知性/知恵

表層的に謙虚に振る舞えば、人からその表層を評価されることは当然で、その評価は往々にして、称賛である。しかしそういう人は、『印象管理』をしている可能性がある。だから『表層的に振る舞う』なのである。

>>続きを見る

 

『われわれが追い出されずにすむ唯一の楽園は思い出である』

 

カテゴリー:自己/精神

この話はとても奇妙で、奥深い話だ。つまり、『唯一』なのだから、その他の一切なら、追い出されてしまうことになる。この地球からも追い出されるだろう。死んで、その命を終えたら、肉体からも追い出される。

>>続きを見る

 

『地上の生活においては、一年々々はまさに短いものである。年齢などはもっと短いし、人の一生ときたら、この上なく短い。しかし、その日その日は長いものである。刻一刻はもっと長いものだし、瞬間というものは往々にして、永遠に等しい』

 

カテゴリー:時間/運命

時間感覚の話だ。また、こういう言葉もある。『一年の価値を知りたければ、大学受験に失敗した学生に聞くといい。一ヶ月の価値を知りたければ、未熟児を産んだ母親に聞くといい。

>>続きを見る

 

『常に謙虚であるならば、褒められたときも、けなされたときにも間違いをしない。』

 

カテゴリー:自己/精神

ジャン・パウルはこうも言った。『称讃された時ではなく、叱責された時に謙虚さを失わない者こそ真に謙譲な人間である』

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP