名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

石坂泰三 名言/格言

石坂泰三

 

石坂泰三とは(画像

日本経営者。2代目経団連会長。生誕1886年

 

石坂泰三関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

石坂泰三の言葉


 

『人生はマラソンなんだから、百メートルで一等をもらったってしょうがない。』

 

カテゴリー:人生/生死

第一生命や現:東芝の社長を経て、2代目経団連会長を努めた財界の大物、石坂泰三。この言葉を短絡的に見てしまうと、『おいおい、俺は100メートル走で金メダルをようやく獲ったんだぞ。それが無駄だって言うのかよ。』となってしまうが、もちろんそういう意味ではない。

>>続きを見る

 

『私は東芝に来るにあたって、自分の腹心というようなものは一人もつれて来なかった。単身乗り込んだわけである。それには理由がある。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

一人ならば出処進退が自由にできるが、人を連れて行った場合、その人を辞めさせて自分が残るわけにはいかないからだ。』

>>続きを見る

 

『人にものを教えるということは、自分でも非常に勉強になるもので、学問のためにも、またその後のものの考え方の上にも大いに役立ったと思う。』

 

カテゴリー:教育/愛情

人にものを教えるということは、当然、口を動かすか、あるいは手を動かさなければならない。口頭か、筆談か、身振り手振りか。どちらにせよ、こちらから何らかのアクションを取る。それは『アウトプット(出力)』だ。

>>続きを見る

 

『自分は決して英雄だとは思わない。もし英雄だとすれば、君たちが英雄にしてくれたんだ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

自分の実力だけでは到底達成不可能だった。実力がある人間ほど、そういう事実を真正面から直視することが出来る。別に、直視しなくても生きていけるのが人生だ。しかし、してもしなくても、どっちみち真実は一つ。

>>続きを見る

 

『いま売っている製品を永久に売るということでは駄目で、先を見越して新製品を作ることが必要だ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

セブンアイ会長、鈴木敏文は言った。『市場の空白地帯を探り続ける。顧客から変わらぬ支持を得るには、その努力が不可欠なのです。』 松下幸之助は言った。

>>続きを見る

 

『経営者のあり方などよく質問を受けるが、私に言わせれば経営に秘訣なしだ。』

 

カテゴリー:仕事/経営

『経営者のあり方などよく質問を受けるが、私に言わせれば経営に秘訣なしだ。よく勉強すること。これが経営者の任務。私は経営学を馬鹿にしているわけじゃありません。読んだことはないが、立派なことが書いてあるんでしょう。

>>続きを見る

 

『有効、有意義な借金、必ず返せる借金、分相応な借金はけっして一概に排すべきでもない。』

 

カテゴリー:お金/資産

何しろ借金とは、借りる必要が無いときに行うものである。

>>続きを見る

 

『睡眠は長い時間を必要としない。ぐっすり眠ればそれでよい。』

 

カテゴリー:自己/精神

人の平均睡眠時間は、なんとなく『8時間』である認識があるが、それも人によって、6時間、7時間と差があり、中には当然、4時間、5時間という人もいれば、10時間という人もいるだろう。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP