名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

ジョルジュ・サンド 名言/格言

ジョルジュ・サンド

 

アマンディーヌ=オーロール=リュシール・デュパンとは(画像

フランス作家。生誕1804年

 

ジョルジュ・サンド関連の書籍

 

 

 

スポンサードリンク

 

ジョルジュ・サンドの言葉

 

『小説が人生に似ているというよりも、人生のほうがもっとよく小説に似ている。』

 

カテゴリー:人生/生死

イギリスの詩人、バイロンは言った。『事実は小説より奇なり』世の中の実際の出来事は、虚構である小説よりもかえって不思議であるという意味だ。

>>続きを見る

 

『陽気でいることが肉体と精神の最上の健康法である。』

 

カテゴリー:自己/精神

古代ギリシャ三大悲劇詩人、ソフォクレスは言う。『悩みの最上の薬は運動である。悩みの解決には、脳の代わりに筋肉を多く使うことに限る。効果はたちどころ表れる。』記事中にある、デール・カーネギーの名著『道は開ける』の一文も、極めて重要な事実だ。あるいは、ブルース・リプトン博士の著書

>>続きを見る

 

『愛せよ、人生において良いものはそれのみである。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

人生に『愛』がないということは、そこには『意志』もない。デカルトは言う。『我思う、ゆえに我あり。』

>>続きを見る

 

『陽気でいることが肉体と精神の最上の健康法である。』

 

カテゴリー:自己/精神

松岡修造はこう言い、『とにかく笑うようにしていると、不思議と段々疲れなくなっていきました。』

>>続きを見る

 

『恋とは、我々の魂の最も純粋な部分が未知のものに向かって抱く、聖なる憧れである。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

という表現が出来る間は、まだいい。しかし、こういうニュースがあったのだ。

>>続きを見る

 

『恋というやつは待つことを知らないもので、これがいったん若い男女の血の中に入ったが最後、はたのものが許してくれるまで待つなんてことがあったら、それこそ奇蹟というものだ。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

『若い男女』という限定的な言葉が入っているところがポイントだ。つまりこれは、『若気の至り』という言葉と密接に繋がっていて、『恋=錯覚』なのである。

>>続きを見る

 

『幸福はぼんやりした夢ではない。』

 

カテゴリー:成功/幸福

だとしたらその逆の、『はっきりとした現実』ということになる。それをわざわざここで言うということは、妄想癖のある、ぼんやりとした夢を見て悦に入っている人間にカツを入れ、

>>続きを見る

 

『私達は肉体だけの存在でも、精神だけの存在でもない。私達は肉体であると共に精神でもある。この生命力のどちらかが欠けても愛は存在しない。』

 

カテゴリー:自己/精神

肉体でもあり、精神でもある、ということだけならわかるが、『この生命力』ということになると、一気に回りくどいことになる。

>>続きを見る

 

『人生をあるがままに生きよう。そして、感謝を忘れないように。』

 

カテゴリー:人生/生死

『ありのままの自分で生きる』ということとはまた意味が違う。『人生をあるがままに生きる』と言っているのだ。

>>続きを見る

 

『幸福は、われわれがそれを所有していると意識することのうちに存する。』

 

カテゴリー:成功/幸福

幸福を意識すると幸福になり、意識しないと幸福にはならない。

>>続きを見る

 

『称賛と親密は赤の他人である。』

 

カテゴリー:知性/知恵

まず、『称賛』と『親密』という言葉が、全く密接な関係にはない、という事実を理解して考える。そうすると、いや、普通は親密な仲であるほど称賛が行われているものである、という疑問が頭をよぎるわけである。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

↑ページの上部へ


広告

↑ PAGE TOP