名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

ジョージ・ハーバート 名言/格言

ジョージ・ハーバート

 

ジョージ・ハーバートとは

イングランド詩人。生誕1593年

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

ジョージ・ハーバートの言葉

 

『ひとりの父親は百人の教師に優る。』

 

カテゴリー:教育/愛情

私の教師は、まず『四聖』に数えられる、孔子、ソクラテス、ブッダ、キリスト。そして、世の偉人たちである。それから、12年前に私に教えてくれた、恩師だ。

>>続きを見る

 

『もっと早く終わるように、少し休め。』

 

カテゴリー:知性/知恵

例えば、人の動きを『+2』とか、『-2』とか、そういう風に表現したとする。優秀な人間の動きは、『+』がつく。非効率的に動く人間の動きには、『-』がつく。

>>続きを見る

 

『穏やかな道をたどりなさい。』

 

カテゴリー:知性/知恵

まるで、『ウサギとカメ』である。作家、山本周五郎は言った。『一足跳びに山の頂上にあがるのも、一歩一歩としっかりと登ってゆくのも、

>>続きを見る

 

『人を許せない者は、自分が渡らねばならない橋を破壊している。』

 

カテゴリー:自己/精神

それは、人が渡るべく、自分の人生にかかる橋だ。それを渡らなければ、向こう岸には行けない。向こう岸に行けないと、人生をそれ以上前に進めることは出来ない。

>>続きを見る

 

『我々が苦痛を我慢すればするほど、(相手の)残虐性はいよいよ強まる。』

 

カテゴリー:自己/精神

ということは、その場所に自分と相手の、最低でも二人以上はいるわけだ。思い浮かぶのはどういう状況だろうか。

>>続きを見る

 

『病気の父が何であっても、誤った食養生が、病気の母となる。』

 

カテゴリー:自己/精神

これはまず、単なるその通りの教訓だ。間違った食事を摂っていても、その状態を回復に向かわせることは出来ない。

>>続きを見る

 

『閑暇を活用する術のない者には閑暇は持てず。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『閑暇(かんか)』というのは、することが何もない、という意味だ。余暇時間ということである。

>>続きを見る

 

『学問への愛と金銭への愛は、めったに一致しない。』

 

カテゴリー:お金/資産

確かに、そのどちらかに純粋に偏っている人間の方が、その分野で群を抜くカリスマ性があるような印象を受ける。

>>続きを見る

 

『何も知らないものは何も疑わない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

よく、『わからないことがわからない』と言うが、あれのことである。『何から手を付けていいかわからない』という素人と、『こりゃあやることだらけだぞ』という玄人がいるわけだが、

>>続きを見る

 

『小さい水差しには大きな耳(取手)がある。』

 

カテゴリー:知性/知恵

この言葉と併せて考えたいのは、安岡正篤のこの言葉だ。 『太い筆で細かい字を書く。これが人生を渡る秘訣だ。』

>>続きを見る

 

『もし金を貸すならば、なくしても惜しくないだけの額を貸すことだ。』

 

カテゴリー:お金/資産

返ってこないからだ。その初期設定があれば、最初から簡単に人に金を貸すことも無い。

>>続きを見る

 

『希望は貧者のパンである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『パン』というのは、『今日を生きる為のエネルギー源』であり、『明日を生きていく糧』である。

>>続きを見る

 

『世界の半分は、ほかの半分がどんな生活をしているかを知らない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

テレビやインターネットの力によって、この事実も少しずつ変化してきてはいる。だが、それでもまだまだ、この言葉の価値は廃れることはない。最近私が知った世界の驚きの慣習の中にも、

>>続きを見る

 

『賢者が過ちを犯さなければ、愚か者には人生がつらいものになるだろう。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

愚か者というものは、いつだって賢者に対し嫉妬し、自分を卑下しているものである。だから愚か者なのだ。それをしないなら、そこにいるのは賢者ということになる。

>>続きを見る

 

『人生とは何かとわかるころには、人生の半分は終わっている。』

 

カテゴリー:人生/生死

この言葉に出会うのはぜひとも10代がいい。私が出会ったのは幸いにも10代後半だった。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

↑ページの上部へ


広告

↑ PAGE TOP