名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

アルフレッド・テニソン 名言/格言

アルフレッド・テニソン

 

アルフレッド・テニソンとは(画像

イギリス詩人。生誕1809年

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

アルフレッド・テニソンの言葉

 

『分からないときには、必ず明るい面を見よ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

ロシア文壇を代表する作家、アルツィバーシェフは言った。『それ自体の不幸なんてない。自ら不幸を思うから不幸になるのだ。』この記事の文章を見た後、その文面にもある次の一文を読む。 『刑務所の鉄格子の間から

>>続きを見る

 

『敵を作らざる者は、決して友を作らず。』

 

カテゴリー:友情/仲間

『慣れ合い』をしていて『八方美人』に成り下がれば、『敵』は出来ない。『触らぬ神に祟りなし』である。

>>続きを見る

 

『知識はすぐに得られるが、知恵を得るには時間がかかるものだ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

知識と知恵は違う。知識はさしずめ、単なる『武器』だ。知恵は、それを使いこなす技術である。

>>続きを見る

 

『自尊、自己認識、自制。この三つのものが人生を最高の力へ導く。』

 

カテゴリー:自己/精神

自分を尊重し、自分が自分であること、あるいは自分がどういう人間であるかを認識し、私利私欲の衝動に支配されずに、むしろ支配していく。

>>続きを見る

 

『希望こそが人間をつくる。大いなる希望を持ちなさい。』

 

カテゴリー:自己/精神

逆境と希望。これは相反するものだろうか。いや、希望というものは、逆境において強く光り輝くものだったりする。

>>続きを見る

 

『人間は一人では人間たりえない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

いや、人間は一人でも『人間』だろう。そしてこれは、一匹でも『犬』だ。

>>続きを見る

 

『われは星の輝く光の中に神を見出し、野に咲く花の中にも神を認めたのだ。』

 

カテゴリー:宗教/信仰

『野に咲く花』と聞いて考えるのは、美輪明宏のこの様な言葉や、『野に咲く花にも役目があります。この世に必要でない人はいません。それに気付くかどうか。それが大事なのです。』

>>続きを見る

 

『一人の敵も作れない人は、一人の友も持てない。』

 

カテゴリー:友情/仲間

つまり、本当は友などめったやたら出来るものではない。ただ、自分が『友達が多い』という設定にした方が、自分にとって好都合だからそうしているだけなのである。

>>続きを見る

 

『男は猟師であり、女は獲物。つやつやと光った、狩られる動物である。』

 

カテゴリー:知性/知恵

確かにそういう風潮は浸透していて、女は常に自分から仕掛けるのではなく、男に狙わせるように仕向ける、ぐらいのことしかしない、という考え方が根強い。

>>続きを見る

 

『誠実な疑いの中にこそ、それ以上の信念が宿る。』

 

カテゴリー:知性/知恵

例えば、とある正義感のある人間が、目の前の光景に妙な違和感を覚える。それは、今まで彼がその正義感を基にして人生を生き貫く中で、自然と身につけた見識と直感が、感じ取ることが出来た違和感だった。

>>続きを見る

 

『一度も愛したことがないよりは、愛して失った方が、どれほどましなことか。』

 

カテゴリー:教育/愛情

確かにその様な『愛を知らない人』が、真の愛を知り、涙を流し、人間の心を取り戻すようなシーンは、至る所で見かける話である。しかし私は、人間には色々な人がいる、ということがあると考えている。色々な考え方の人がいるのだ。

>>続きを見る

 

『人間は神ではあり得ないが、最も人間らしい行動をした時神の姿に似る。』

 

カテゴリー:宗教/信仰

『似る』もなにも、神などいないのだから、こんな言葉は無意味だ。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP