名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

西洋の諺『ある男がはじめて君をあざむいたときには、彼を辱めるがいい。しかし、その男がもう一度君をあざむいたとしたら、君自身を恥じるがいい。』

ワグナー


西洋の諺


それは、自分がそのことに関する何もかもについて、甘かった証拠である。

 

一度目に彼を、戒めて教育する選択肢もあったはずだ。その選択肢があったにも関わらず、見て見ぬフリをしてそのままにした。教育的見地から見れば、そりゃあもう一度彼は、同じことをしてしまうに決まっているだろう。『見識』もなかった証拠だ。つまり『見る目』である。

 

指導

 

(さすがにもう一度はないだろう)とタカをくくった自分の心構えは、甘すぎる。よほどシビアな環境から遠い生活を送ってきたのだろう。

 

『身の程』もわきまえていなかったのかもしれない。例えばここで言う『君』の性別が、女性だとしたらどうだろうか。『ある男』は『惚れた男』になるかもしれない。彼に貢ぎ、捧げ、つぎ込んだ金と時間の見返りを、仇で返された。

 

最初は彼のせいにすればいい。だが、二回目、三回目となるとこれはいささか、女性の方に問題があるだろう。これらを総合して考えると、この言葉で戒められるような人は、『内面』と向き合う時間が足りないようだ。だとしたらカギは、自分の心にある。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

22.『本当の友人とは。

真の友人は『失意時代』にわかる。『得意時代』に群がる人間を過信するな。


>>続きを見る

 

25.『自分のものに出来ない知識は、自分の知識とは言えない。

知識と知恵は違う。それを理解するのが知性だ。


>>続きを見る

 

関連する記事

黄金律

『なぜ必要以上の化粧をしている。なぜ人目を気にしておどけているのだ。ピエロのパラドクスを知れ。』

 

 

 

 

西洋の諺『ある男がはじめて君をあざむいたときには、彼を辱めるがいい。しかし、その男がもう一度君をあざむいたとしたら、君自身を恥じるがいい。』



↑ PAGE TOP