名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

モーセ『隣人に関して偽証してはならない。』

モーセ


古代イスラエル民族指導者 モーセ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


※『モーセの十戒』である。

 

『隣人』とあるから、本当に『隣に住んでいる人』と思うかもしれないが、それだけではないのだ。それも含めて、『自分以外の人』だ。それは、『隣にいるべき人』であり、『隣にいる人の様に温かく接する人』であり、それは、全ての人間を意味するのだ。隣にいる人が死んだら、悲しむかもしれないが、遠い異国の人が死んでも、悲しまないのは、人としておかしい。

 

 

そう考えると、自分以外の全ての人間は、『隣人』であるように考えることは、人としてとても正しい。

 

さて、この十戒に関しては、とある宗派では『隣人に関して』ともあるし、また別の宗派では、単純に『偽証しないこと』ともある。どちらにせよ、『偽証しない』ということが求められるのだ。 偽証というのは、嘘の証言であり、結局、『嘘、偽り、捏造、隠蔽』などがこれに該当する。

 

これも、

 

『殺してはならない。』

『姦淫してはならない。』

『盗んではならない。』

 

と同じだ。ここにある背景たる構造は、単純かつ複雑で、結局単純なものである。

 

 

『真理(神・愛)から逸れれば逸れるほど、虚無に近づく』ようになっているのだ。

 

では、話を一気に深く掘り下げよう。

 

ソクラテスは、自身の命が係わるその裁判で、言った。

ソクラテス

『私に不足していたのは、「不正に鈍感な心」。皆さんの耳に気持ちよく響くような「恥ずかしい言葉」は私の口からは出ない。』

 

そしてソクラテスは、偽証しなかったことによって大衆の反感を買い、死刑に多くの票を入れられ、処刑された。

 

そしてソクラテスは、毒杯を飲んで死ぬ間際、こう言い残した。

『お別れの時が来た。君たちは生きながらえるため、私は死ぬために、別れるのだ。君たちと私のどちらがより幸福なのだろうか?答えることが出来るのは、神のみである。』

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『私が『神』という言葉を抵抗なく使えるようになったのは、その言葉自体に何の意味も無いことを理解したからだ。』

 

黄金律

『神の偶像崇拝が禁止されている、唯一とされているのは、神が人間ではなく、見えるものでもなく、真理だからであり、真理が2つあっていいわけがないからだ。』

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

モーセ『隣人に関して偽証してはならない。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

モーセ関連の書籍

 

同じ人物の名言


『わたしのほかに神があってはならない。』

 

『あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない。』

 

『主の日を心にとどめ、これを聖とせよ。』

 

『あなたの父母を敬え。』

 

『殺してはならない。』

 

『姦淫してはならない。』

 

『盗んではならない。』

 

『隣人の妻を欲してはならない。』

 

『隣人の財産を欲してはならない。』

 

『偶像を作ってはならない。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP