名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

吉田松陰『読書というものは、最もよく人の心を変えるものである。書というものは、何と恐るべきものだろうか。』

吉田松陰


日本思想家 吉田松陰画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


ソクラテスは、

ソクラテス


『よく本を読んで、良き魂を育てよ。苦労して、著者が身に付けたことを、苦労せずに、読者は身に付けられよう。』

と言い、キングスレイ・ウォードは、
『本を一冊読むたびに正しい方向に一歩前進する。』

と言い、ヘンリー・デイヴィッド・ソローは、
『いかに多くの人が、一冊の本を読むことによって、その生涯に新たな時代を迎えたことだろう。』

と言い、フランシス・ベーコンは、
『読むことは人を豊かにし、話し合うことは人を機敏にし、書くことは人を確かにする。』

と言った。

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    吉田松陰の言葉を自分のものにする



    私は前述した言葉に、心底から共鳴する。

     

    私は16歳まで、本など読めなかった。だからよく『活字が嫌いです』と言う人がいるが、その気持ちが明確に理解できる。私が読んでいたのは漫画だけだった。漫画とゲームがあればそれでよかった。後は悪友となんでもない話をして、夜遊びをする。そういう刹那的な刺激だけで、別に良かった。

     

    それには理由があった。思慮を掘り下げてしまうと、抱えていて封印している、ある複雑な問題にぶち当たってしまうのだ。それは、『家庭内にあった宗教問題』である。

     

    キリストの言葉で書いた、

    キリスト


    『なぜ、思慮浅い人が未熟なのか。』(超訳)

     

    にある通り、私は、それによって思考を放棄し、精神の崩壊から一時的にでも逃れようと必死だったのだ。

     

    『応急処置』だったのだ。

     

    時は流れた。極めて波乱万丈な時間が流れていった。恐らく、これを読んでいる人が一生経験しない経験をし、父親も17歳の頃、亡くなり、私はとある事情で死に目にも葬式にも出ることが出来なかった。それだけが理由ではないが、それも大きな理由の一つだ。

     

    とにかく私は、自分の人生に真正面から向き合おうと決意し、『内省』を始めるようになった。何のことは無い。自分の心と向き合って、規範意識(何が正しくて、悪いのか)について、思索するだけだ。

     

    だがそれが出来なかったのが、それまでだった。宗教という複雑な問題も、大きな要因の一つだった。しかし、それでも、それを乗り越えて前に進まなければならなかった。半ば、強制的な外部要因の後押しもあって私は、内省することにしたのだ。

     

    その時、私を助けてくれたのは、『本』。そしてそこにあった格言だった。

     

     

    かつて、『活字が読めない』と言っていた時期があった。それは本当の事だった。だが、心底が知識と知性を求めるとき、人は、本を手にする。そこには、すでに答えが載っているのだ。そこに、たどり着けるかどうかだ。そういうことが、我々のこの人生で問われているのである。

     

    人が本当に救われるのは、『応急処置』ではない。『根本治療』だ。そんな『治癒の援助』をしてくれるのが、英知が詰まった本なのである。

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア


     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    25.『自分のものに出来ない知識は、自分の知識とは言えない。

    知識と知恵は違う。それを理解するのが知性だ。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

     

    黄金律

    『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

     

    黄金律

    『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

     

    黄金律

    『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

     

     

     

    吉田松陰『読書というものは、最もよく人の心を変えるものである。書というものは、何と恐るべきものだろうか。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    吉田松陰関連の書籍

     

    同じ人物の名言


    『自分の生死を度外視してでも、言うべきことをただ言うのみ。』

     

    『多くの努力を注ぎ込んだことは、すぐにその功績を手中にすることはないかもしれない。しかし、全精力を集中して学んだものは生涯忘れないであろう。』

     

    『宿命は、人の力や智恵が及ぶものではない。だから、この原因を天に任せ、天命というのである。』

     

    『憂えたり、楽しんだり、気分の変化の原因は自分にあるのであって、物にあるのではない。』

     

    『聖人・賢人の言行や教えを記した書を読む際に一番大切なことは、その内容に媚びへつらわないことである。』

     

    『自分一身に降りかかる労苦を何とも思わないような人でなければ、どうして天下国家の人々を幸せにすることができようか。』

     

    『人にはそれぞれ生まれつきの性質がある。だから、昔の心ある人に学び、自分に近いよい性質を自分のものとするべきである。』

     

    『立派な人が大事にするのは、議論ではなく行動である。多言を費やすことなく、人としての誠をしっかり蓄えなさい。』

     

    『世間が褒めたりけなしたりすることは大抵、その実態と違うものである。』

     

    『志をもっている人間は、何かを目にしたら、必ず心中に感じるものがある。』

     

    『仁人は天下に敵なし。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP