名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

トルストイ『愛は惜しみなく与う。』

トルストイ


ロシア作家 トルストイ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


恋は奪うもの、愛は与えるものだ。

 

『嫉妬』も愛ではなく、『恋』の類に過ぎない。それが『愛』になると、相手の幸せを喜ぶようになる。相手の為に、金も時間も身も捧げ、文字通り、惜しみなく与えることが出来る。

 

だが『恋』のレベルではそれを容認できない。相手が違う異性と喋っているのを見たり、自分の思い通りにならないと心がかきむしられる。醜い気持ちに心を乗っ取られる。それはまるで、悪魔が憑依したかのように。

 

競争相手を出し抜こうとしたり、レースから突き落として脱落させようとしたり、あるいは独占欲に支配され、周囲が見えなくなる。

 

盲目

 

よく、『恋は盲目』とか、『恋をしたらあの子は”こう(視野が狭くなるジェスチャーを入れて)”だから』と聞くだろう。権威ある脳科学者が非常に興味深いことを言うのだ。

ヘロインをやっているときと、恋をしているときの脳の状態が、瓜二つなんです。』

 

実は、『恋は盲目』という言葉は、本当なのである。恋をするとき、脳内の『テグメンタ』という部分が活性化していて、実は、これがヘロインを使用しているときの脳の状態と酷似しているというのだ。

 

カメラ

 

恋愛中毒になって盲目になる人間を、麻薬中毒者と一緒くたにするのはいささか乱暴だ。だが、もし自分の言動と、目で見える景色にある種の違和感を覚えたら、もしかしたらそれはサイン(危険信号)なのかもしれない。

 


人生は鏡だ。自分の心が、脳が、これらの悪魔に『支配』されているのだとしたら、目の前のその『妙な景色』にも、つじつまが合う。

 

ウォーレン・バフェットもこう言っている。

七つの大罪のうち、最も馬鹿馬鹿しいのは”嫉妬”である。』

 

『恋』は自分勝手で一方的だ。もしそれが許され、正当化されるなら、ストーカーによって行われた猟奇的な殺人も許さなければならない。そう考えると、少し自制心が芽生えないだろうか。

 

私だって一方的に人を好きになったことはあるが、この自制心によって、私は”人”で在り続けることが出来ているのだ。その気持ちを暴走させてしまうと人が傷つく。だとしたら、自制心=愛。愛があれば、それが出来るはずだ。

 

もっとも、それがわかっていて恋にひた走るというのなら、誰も止めはしない。それはそうだ。それを突き進めた延長線上にはもはや、止めてくれる人がいないのだから。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

トルストイ『愛は惜しみなく与う。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

トルストイ関連の書籍

 

同じ人物の名言


『真実だけでできていたなら、歴史はすばらしいものだったろうに。』

 

『真理は、金と同じく、その大きさによってではなく、どれだけ金ならぬものを洗い流したかによって購われる。』

 

『逆境が人格を作る。』

 

『汝の心に教えよ、心に学ぶな。』

 

『学問のある人とは、本を読んで多くのことを知っている人である。教養のある人とは、その時代に最も広がっている知識やマナーをすっかり心得ている人である。そして有徳の人とは、自分の人生の意義を理解している人である。』

 

『幸福は、己れ自ら作るものであって、それ以外の幸福はない。』

 

『慈善は、それが犠牲である場合のみ慈善である。』

 

『人間にとって最高の幸福は、一年の終わりにおける自己を、その一年の始めにおける自己よりも、遥かに良くなったと感ずることである。』

 

『悔恨がないのは、前進がないからである。』

 

『謙虚な人は誰からも好かれる。それなのにどうして謙虚な人になろうとしないのだろうか。』

 

『わたしたちは踏みなれた生活の軌道から放りだされると、もうだめだ、と思います。が、実際はそこに、ようやく新しいものが始まるのです。生命のある間は幸福があります。』

 

『強い人々は、いつも気取らない。』

 

『孤独なとき、人間はまことの自分自身を感じる。』

 




↑ PAGE TOP