『ヒト』を最適化しよう。

表は中国から独立した国、裏は日本が操る国、『満州国』誕生!しかしこの強引な建国が日本の『悪魔化』に火をつける

『満州事変』

第一次世界大戦を利用して『帝国日本』は虎視眈々と野心を燃やし、『大戦景気』がお金を燃やす成金を生んだ

 

上記の記事の続きだ。浜口雄幸第27代目総理大臣は、『ロンドン海軍軍縮会議(1930年1月21日から4月22日)』に参加し、海軍の同意を得ぬまま海軍軍縮条約を結び、これに憤慨した右翼の日本人男性に狙撃され、死亡してしまった。国のトップが死亡し、更に国内も国外も『恐慌』一色。不安定な情勢が続く中、若槻礼次郎が第28代目総理大臣になり、内閣を構成した。

 

その頃、満州では『抗日』的な動きが見え隠れしていた。『張作霖爆殺事件』で爆殺された張作霖の息子である張学良は、日本が嫌いだった。彼は、抗日の為に蒋介石の国民政府の支配下に入る。そして、命令によって共産軍の討伐をするが、内戦の停止を呼びかける共産軍の方に同調することになり、蒋介石を西安で拉致して監禁し、説得。内戦停止と共産軍との共闘を約束させる。そして『第2次国共合作』を成立させることになる。

 

STEP.1
1914年『第一次世界大戦』勃発
STEP.2
1915年『二十一カ条の要求』
日本は中国の袁世凱政府に『二十一カ条の要求』を突き付け、袁世凱にこれを受諾させる。
STEP.3
1919年『文学革命』と『五・四運動』が起きる
STEP.4
1924年『第一次国共合作』
『中国国民党』、社会主義政党の『中国共産党』は意見が合わなかったが、外部である日本等への問題を通じ、一時的に手を組む形となった。
STEP.5
1927年『上海クーデター』
中国共産党への大弾圧を行う。共産党員を虐殺し、これによって国共合作は破綻。
STEP.5
1928年『張作霖爆殺事件』
列車で満州に戻る途中で、列車ごと爆破して、張作霖を爆殺。
STEP.5
『第2次国共合作』
日本よりも国内の『中国共産党』を敵視していた蒋介石を西安で拉致して監禁し、説得。内戦停止と共産軍との共闘を約束させる。

 

そしてそのあと、日中戦争の原因になる『満州事変』が巻き起こってしまうのである。

 

日中戦争はなぜ中国で『抗日戦争』と呼ばれているのか?

 

日本嫌いの張学良は、日本の南満州鉄道と並行する鉄道を敷設して南満州鉄道の儲けを横取りしようという強硬手段に出ていた。若槻礼次郎らの立憲民政党は、満州での張学良の強引な動きに穏やかな姿勢で対応。交渉によって権益を守ろうとした。しかし、

 

軟弱外交だ!
満蒙(まんもう)の危機だ!

 

と批判され、満州権益と、その獲得の為に戦った『日露戦争』で犠牲になった多くのリソース(ヒト、モノ、カネ)を想像するように主張した。日本にとって満蒙(南満州、東部内蒙古)は、『我が国の生命線』と言われるほど、重要な地域で、すでに多くの日本人が満蒙に渡って土地を開拓し、ここからとれる豊富な資源も大きな権益だった。

 

そして1931年に『柳条湖事件(りゅうじょうこじけん)』が起こった。

 

[事件直後の柳条湖の爆破現場]

 

満州の日本軍である関東軍は、柳条湖のほとりで日本が経営していた南満州鉄道を爆破し、それを中国軍のせいにして軍事行動を開始し、奉天と大連を制圧し、満州を占領した。これが『満州事変』である。

 

アメリカ、イギリスといった中国に利害を持つ国との不和を恐れた若槻内閣だったが、世論はこうした満州に対する強硬手段に賛成。若槻内閣は総辞職に追い込まれた。この時の日本は、日露戦争で列強ロシアに勝利したことも大きく手伝って、『帝国主義』を捨てられなかった。

 

蝦夷地が北海道に代わった年 1869年
琉球王国が沖縄になった年 1879年
台湾総督府が置かれた年 1895年
朝鮮総督府が置かれた年 1910年
ヴェルサイユ条約で支配下が増えた年 1918年

 

日本はせっかく260年続いた徳川の江戸幕府を倒して、明治維新を成功させて尊王攘夷の考え方を軸にして外国の脅威を打ち払い、それどころか幾多もの戦争に勝利して領土を拡大し、ついには『列強』の仲間入りを果たしたのだ。

 

自分たちがやらなくても、どうせ外国がやる。外国を野放しにすれば、やがて日本も支配される。やられる前にやれ!

 

平和ボケした現代の学者は、その植民地化された人々の権利や、戦争で巻き起こった甚大な被害を見て、淡々と戦争や帝国主義を否定するが、この時、彼らの頭をよぎったこういう考え方は、確かに一理はあったのだ。このタイミングで世界の中心だったヨーロッパの覇権の推移を見てみよう。

 

ヨーロッパの覇権の推移

STEP.1
アッシリア
紀元前7世紀の前半~紀元前609年。オリエントの統一王朝を成し遂げるが、アッシュル・バニパルの残虐性のせいで帝国が破綻する。
STEP.2
アケメネス朝ペルシャ
紀元前525年~紀元前330年。キュロス、カンビュセス2世、ダレイオス1世また統一し直し、インド北西部からギリシャの北東にまで勢力を伸ばす。
STEP.3
アルゲアス朝マケドニア王国
紀元前330~紀元前148年。フィリッポス2世がギリシャを、アレクサンドロスがペルシャを制圧。
STEP.4
ローマ帝国
紀元前27年~1453年5月29日(完全な崩壊)。カエサルが攻め、アウグストゥスが守る形で『ローマ帝国』が成立。
STEP.5
モンゴル帝国
1200~1300年。チンギス・ハンが大モンゴルの皇帝となり、5代目フビライ・ハンの時にはアレクサンドロスよりも領土を拡大。
STEP.6
オスマン帝国
1453年5月29日~。かつてのローマ帝国は、『神聖ローマ帝国』と『ビザンツ帝国』の東西分裂をしていて弱体化していた。1453年5月29日、メフメト2世がビザンツ帝国の首都コンスタンティノープルを征服。
STEP.7
スペイン帝国
1571年、スペインは『レパントの海戦』であのビザンツ帝国を滅ぼしたオスマン帝国を破り、地中海の制海権を奪取(正確にはまだオスマン帝国に制海権があった)。更に、『ポルトガルの併合(1580年)』で『スペイン帝国』は最盛期を迎える。
STEP.8
オランダ
1588年、『オランダ独立戦争』、『アルマダの海戦』に勝ったオランダは、急速な経済成長を遂げ、アムステルダムは世界の貿易・金融の中心地となり、スペインに代わって世界貿易をリードする『栄光の17世紀』を迎える。
STEP.9
イギリス
1677年、1651年から続いた『英蘭戦争』の結果、覇権がオランダからイギリスに渡る。

 

そしてこの後だ。規模もヨーロッパから『世界』へと変え、まとめ方は『世界で強い勢力を持った国』とする。

 

17世紀のイギリス以降世界で強い勢力を持った国

STEP.1
フランス
1800年前後。ナポレオンがヨーロッパで暴れまわるが、イギリス・オランダ・プロイセンの連合軍に敗れ退位。
STEP.2
イギリス
1830~1900年頃。ヴィクトリア女王の時代に『大英帝国』黄金期を迎える(パクス・ブリタニカ)。
STEP.3
ドイツ帝国
1870年頃~1918年。ドイツ帝国率いる『三国同盟』とロシア率いる『三国協商』の『第一次世界大戦』が勃発。
STEP.4
三国協商
1918~1938年頃。ナチス・ドイツが現れる前はまだこの連合国が力を持っていた。

 

この世界は、最初の世界帝国アッシリア(現在のイラク近辺)から現在に至るまで、常にどこかの勢力が覇権を握り、優位な立場を得ようとして画策し続けている。

 

また、古代エジプト王国は、アッシリア帝国に支配され、紀元前6世紀ごろにアケメネス朝のペルシャによって滅ぼされる。だが、実に2500年もの間繁栄し続けることができた、稀有な古代王国である。その理由の一つは、この土地が『砂漠に囲まれた場所』だったからということだ。つまり、他国がなかなか攻め入ることができなかったのである。

 

 

もう一つは『専制国家』だったからだ。圧倒的な支配力があったから、内乱も起きにくかった。

 

専制国家
支配者が独断で思いのままに事を決する国家。

 

このような事実が、内外からの侵略や反乱を抑止し、長きにわたって繁栄したのである。それがわかる同じような例として、日本が挙げられる。日本は、島国であり、海に囲まれた国だ。だからエジプトと同じように、それが『城壁』代わりになって、他国がなかなか攻め入ることをしなかった。

 

しかし、1800年代の中盤から始まった幕末の時期に、隣の中国(清)がイギリスに『アヘン戦争』で半植民地化される。それを見た吉田松陰や高杉晋作といった幕末の志士たちは、

 

何とかしなければこの国は滅ぼされる!

 

と危惧。そして、激動の幕末時代が始まったわけだ。

 

アヘン戦争の原因はお茶の値段を吊り上げた『清』、野心の塊だった『イギリス』のどっちにあるか 吉田松陰と橋本佐内を殺したのはまずかった!『桜田門外の変』で井伊直弼と同時に徳川一強時代が終焉

 

『攻撃は最大の防御』。それが一理あることは確かだったのである。だが、『中国のせいにする』というこの『満州事変』のようなやり方は遺恨を残す。そうまでして満蒙を固守しようとしたのは、今までの流れを見てもわかるように、

 

  1. 『恐慌に次ぐ恐慌』による国内情勢の不安定化
  2. すでに存在する世界帝国の脅威

 

といった問題を何とかしなければならない使命感に襲われていたからだろう。

 

STEP.1
1931年『柳条湖事件』
関東軍は、柳条湖のほとりで南満州鉄道を爆破し、それを中国軍のせいにして、満州を占領した。
STEP.4
1932年『第一次上海事変』
列強の目を満州事変からそらすために、中国人に日本人を襲撃させ、これを口実に上海を制圧。中国軍の抵抗と国際的な非難を受け停戦。
STEP.2
1932年3月『満州国』建国
満州が中国から独立。中国は承認しなかったが23か国が承認し、事実上支配下に置いた。
STEP.3
同年3月『リットン調査団』派遣
国連がリットン調査団を派遣し、満州事変は日本の自衛行為と認めないとした。

 

そんな中、第29代目総理大臣となったのは犬養毅(いぬかいつよし)(1931年12月13日 – 1932年5月15日)だ。福福沢諭吉の慶應義塾で学んだ彼は、『大正政変』では藩閥政治弾劾の先頭に立ち、第3次桂太郎内閣を打倒し、尾崎行雄と並んで『憲政の神様』と慕われた。

 

犬養が取り急ぎ行ったのは『昭和恐慌』の解決。再び金貨の製造を停止し、金の輸出を禁止。そして、金の量に関係なく紙幣を増刷し、『ドーピング』を行う。これにより、昭和恐慌は収束し、日本製品が値下げされ、輸出が増え、産業界が活性化した。その中で、『日産、日窒(にっちつ)』などの『新興財閥』も誕生した。

 

日本は、『ラストエンペラー』の『溥儀(ふぎ)』を執政という役につけ、この『満州国』を日本の従属国という形で建国する。これによって、『満州の人々が自ら望んで満州国を作った』という体裁を作り上げ、日本は満州に対する支配を強固なものにしていった。

 

『清』を打倒したのは『中華民国』?それとも『中華帝国』?中国に3か月だけ存在した幻の国とは

 

 

該当する年表

[宇宙誕生~紀元後編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画一覧

参考文献