目次

オトヒメ『盗んだお金で育てられた子供達は!!!幸せになれますか!!?』

『ブラックマネー』で大金を稼ぐ人間は多い。リスクの高い仕事や、倫理的に問題のある仕事は、それだけ報酬が高い。 もし今ある財閥や資産家の元手となる資金が、 『戦争に使う武器』を販売して儲けた金だとすれば、どうだろうか。 それを資金源にして増やし、拡大させた商社は、本当に『勝者』なのだろうか。 しかし、どうやっても戦争は避けられない時代に生まれた人間は、

 

(ちくしょう!このままのたれ死んでたまるか!)

 

という反骨精神の下、逞しく生きることがその選択肢だったのかもしれない。だが断固として『それは詭弁だ』と言い張る戦争の被害者の意見は、 どんな人間の心にも入り込む、魂の叫びだ。 生きていくために人は、 時に『グレー』や『ブラック』の仕事に手を付けることがある。 私もこの問題について、ひどく葛藤した人間の一人である。

 

『盗んだお金で育てられた子供達は!!! 幸せになれますか!!?』

 

20年以上前の動画で、日本一有名な暴力団のインタビューを撮影したものがあった。

 

記者

『生まれ変わったら、何になりたいですか?』

 

組幹部

『…。 そらあ、お坊ちゃんでしょ。 金持ちのお坊ちゃんに生まれたなら、 ヤクザなんかやる必要ないんだから。』

 

あるいは、デンゼル・ワシントンが主演したノンフィクション映画、 『アメリカン・ギャングスター』では、 物心ついたときには、 家族が口の中に警察からショットガンを突っ込まれていたり、 麻薬を乱用している人間が近所中にいるという光景が広がっていた人間が、一体その人生を、どう生きていけば良かったのかを考えさせられた。 だが、 『盗んだお金(ブラックマネー)で育てられた子供の人生』 のことまで考え抜かれているだろうか。

 

確かに、『生きるために必要だった』かもしれない。 だがそれは、『自分が』の話だ。 『自分が生きるために必要だった』だけだ。確かに自分が生き延びることが出来なければ、子孫の存在はあり得ない。しかし、『負を連鎖させることは罪だ』という発想もあるのだ。 この主人公の場合は、確かに自分の子供達には決して自分の仕事をさせようとしなかった。 自分が汚れたことをしていることをよく理解しているからだ。

 

しかし、彼がどんなに大事に家族を想っても、 周りはそうは思わない。殺人や麻薬の密売を行って、その麻薬常習者がまた人を殺し、あるいは自殺する。 そういうことが何度も起きれば、 『あの家族は、汚れたお金(ブラックマネー)で生きている汚れた家族だ。』 そう思われても仕方がないのだ。

 

では、彼は子孫を遺さず、死ねばよかったのだろうか。 だったら何のために生まれてきたのだろうか。 この問題に答えるのは容易ではない。容易に答えるような人間は、体験と想像力が欠如しているだけだ。しかしそれでも断固として、『負の連鎖をしてはいけない』 ということは、揺るぎない真理なのである。

 

Vアニメ「ワンピース」15周年記念!15の名場面で綴る感涙PV

※画像は以下の参考文献から引用しています。

 

一言

この記事は2009年に書いたものです。とても未熟な時期に書いたものなので、いずれまた修正いたします。またこの記事は運営者のワンピースに対するリスペクトの想いから書いていますが、もしこの画像の著作権が問題になる場合は、画像をすぐに削除いたします。