『後悔したくない方』はこちら

ドフラミンゴ『ただの放浪者と…何かを決断した男の顔は違う…!!』

孤独と孤高は違う。見失っているかいないか、それがその違いの一つのポイントだ。『孤独』な人は、自分で『孤独だ』と思っている。つまり、『本当は誰かと一緒にいたい』のである。つまり、自分一人では物足りない。自分一人で生きるこの世な無意味であり、自分一人で成し遂げられることはこの世にはないと考える。人として『欲している』その状態は、弱っている。そして人生を見失っている。我々はこの世に一人で生まれ、一人で死んでいくのだ。

 

byヘルマン・ヘッセ

 

『バリィン!!!

『ただの放浪者と…

何かを決断した男の

顔は違う…!!』

 

『赤信号、みんなで渡れば怖くない。』だが、赤信号は『とまれ』だ。もし100人が一斉に赤信号で渡ったとしたら、渡らなかった人が『孤独』になるのだろうか。とんでもない。ダンプカーに轢かれた100人のうちの数人が病院のベッドの中で思い出すのは、一人、渡らなかった『孤高』の人間の生き様である。『孤高』に生きる人とは、自分の『意志』を見つけた人間だ。守るべき『信念』、『理念』を見つけた人間だ。確かに、それを見つけるには時間がかかる場合もある。自分がこの世に生まれた意味は、なかなかわからないものでもある。

 

『人生とは、それが何かが分かる頃には、もう半分は過ぎてしまっている。』

byジョージ・ハーバート

 

しかし、人生に迷いがなくなった人間は、見失っていたものを見つけた人間は、生き生きとして、腹に据えた一本の槍が光り、命の輝きが、増すのである。

 

 

Vアニメ「ワンピース」15周年記念!15の名場面で綴る感涙PV
※画像は以下の参考文献から引用しています。
 
一言
この記事は2009年に書いたものです。とても未熟な時期に書いたものなので、いずれまた修正いたします。またこの記事は運営者のワンピースに対するリスペクトの想いから書いていますが、もしこの画像の著作権が問題になる場合は、画像をすぐに削除いたします。