Contents|目次

『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』 レビュー(感想)と考察

『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『レビュー(感想)と考察』

監督のグザヴィエ・ドランという人物は、説明がないが『わたしはロランス』、『トムアットザファーム』や今回のように、性別不合について描いた作品と常に密接している。『ある少年の告白』は監督ではないが、役者として出演している。性別不合を差別するつもりはないし、人としてするべきではない感じも、風潮も、両方ある。だが、彼の映画には抵抗を覚えるのが本音である。

 

それはなぜだろうか。『強引な正当化』に反応しているのか。『ロマンチックな男性同士の恋愛』に、抵抗してしまっているのか。私のような人間はもう、死んだ方がいいのか。新しい時代を生きる人々は、性別不合を完全に受け入れて、人間の世界はこれから先、もっともっと変化していくのだろうか。それは、『進化』なのだろうか。

 

 

『この映画のジャンル』

 

 

『その他映画コンテンツ』

この世に映画はいくつある?その中でどの映画を観ればいいの?

大好きになる『映画』を探そう!(全3000作品)

映画に関するクイズ

 

PickupMovie

約3000作品の映画がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる映画に出逢えるかも(*´ω`*)!?

Movie.AI

『コンテンダー』 レビュー(感想)と考察 『愛と精霊の家』 レビュー(感想)と考察 『ダイアナ』 レビュー(感想)と考察

 

Sns

映画のTwitterアカウントでは新作映画のレビューなどを投稿しています。

SNS